« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

オオナルトボラ

071028 ★今朝の材木座:台風一過でスッキリと晴れ上がり、見事な富士山が顔を出してくれました。波は昨日駆け抜けた台風の余波で高め、少し肌寒い感じです。

Mokuzugani ★今日のトピックス:モクズガニ 産卵期に入ったようで、このところ爪など一部分は見かけるようになってきていたのですが、今日は丸ごと一匹が打ち上げられていました。

Oonarutobora ★今日の貝:オオナルトボラ めったに見かける貝ではありませんが、今年2つ目のオオナルトボラ。前回も今回も元はエビ網の獲物のようです。

Shukaku ★今日の収穫 まだ波が高かったのと、ちょうど満潮時だったこともあり、あまり貝は拾えませんでしたが、久し振りにウグイスガイの合弁を見つけました。

0710282 朝方1時間半ほど海にいましたが、最初肌寒く感じた気温はグングン上がってきたようで、帰りには暑ささえ感じるほどでした。

|

2007年10月27日 (土)

ネジガイ

0710272 ★今日の材木座:また膝に血が溜まって曲がらないので、朝一に病院で抜いてもらい、その後、膝を濡らさないよう合羽を着て海に出てみました。台風が近づいていますが、午前中は雨は強いものの、波もまだ静かでした。

071027 ★今日のトピックス:ユリカモメが帰ってきました!ウミネコ君たちと合体した群れには、初めて冬羽を身に纏う若鳥(左端)も混じっていました。

Namerikawa ★今日のトピックス2:強い雨のせいで、滑川に中州ができ上がっていました。

Sake1 ★今日のトピックス3:その滑川はサケが遡上するような川ではないのですが、なぜかサケが3匹(うち一匹は半分ほどがカラスの餌食になっていました)打ち上げられていました。もっとも打ち上げられていたのは豆腐川の東ですが。シビレエイも何匹も打ち上げられていました。

Nejigai ★今日の貝:和賀江島の近くで見つけたネジガイ。イトカケガイの仲間はきれいですね。でも、ネジガイよりもお知らせしたい収穫は・・・

Shukaku_3 ★今日の収穫:ついに見つけたサキシマスオウの実(左上)!中段右端のオミヤゲ品のハートガイもなかなか面白いですが、サキシマスオウの実はうれしい^^

今回の台風は足が速いようで、明日は台風一過となりそうですね。海では何が待っていてくれるのでしょう。

|

2007年10月21日 (日)

アラウズマキ

071021 ★今朝の材木座:海に出てみると、富士山は見えませんでしたが、この秋一番の冷え込みとのことで、大山や大島が良く見えました。

Kubogainoyougai ★今日のトピックス:浜の中ほどまで来ると、クボガイの幼貝が砂浜に絵を描いていました。

Arauzumaki ★今日の貝:アラウズマキ 滑川の河口に微小貝が寄っていて、アラウズマキを見つけることができました。大きさは4.35㎜。ごく小さな貝ですが結構好きな貝です^^

Img_1943_2 ★今日の収穫:オママゴトの陶器類は、内側を指でなぞるとツルツルしていて、なんとなく愛着を感じます。

Img_1946 ★拾った貝:上段左からハツユキダカラ×2、ネコガイ、ヒナミルガイ、アズマニシキ、二段目:メダカラ×5、ナミマガシワ、オオモモノハナ、ベニエガイ、3段目:チャイロキヌタ、ベニイモの頭、フロガイダマシ、クボガイの幼貝、オビクイ、ブドウガイ、ザクロガイ×2、アラウズマキ

Kaeri 上の写真を撮って、帰ろうかな、と振り返ったら、富士山がうっすらと顔を出してくれていました。

|

2007年10月20日 (土)

ケマンガイ

071020 ★今朝の材木座:冠雪した富士山に朝日があたり、たなびく雲の上に金時山から箱根の山々、天城連山が浮かんで幽玄な雰囲気を醸し出していました。

Hiratsume ★今日のトピックス:大型のヒラツメガニ ヒラツメガニとしては、そんなに大きくないのかも知れませんが、打ち上げでこれだけの大きさは、なかなかに珍しいです。

Kemangai ★今日の貝:ケマンガイ ケマンガイは、ほぼ同じ場所に打ち上げられます。不思議ですね、何故でしょう?

Shukaku_2 ★今日の収穫 八幡宮の銘が入った陶片が、なんとなくうれしいので拾ってしまいました。

Kai ★拾った貝 左上からタイラギの成貝と幼貝のカケラ、ナデシコガイ、アズマニシキ、ウラカガミ、ヒナガイ、二段目:コゲチャタケ、ミミズガイ、シチクガイ(殻口がきれいなコゲチャタケとシチクガイはなかなか拾えません)、ヒナミルガイ、ワカミルガイ、タマキガイ、ナミマガシワ、下段:チャイロキヌタ、メダカラ、ゲンロクソデガイ、カスリイシガキモドキ(?、摩滅のため判別が・・・)、オオモモノハナガイ

Bishou ★拾った貝その2・微小貝 左上からキュウシュウナミノコ(合弁2つはうれしい^^)、ロウソクツノガイ、ウズザクラ、下段:ササノミ、オダマキ、ツボミガイ

|

2007年10月18日 (木)

ツツミガイ2

071018_2 今日は午後から手術をした膝の抜糸でした。血も溜まっていたので抜いてもらったのですが、あと2~3か月は血が溜まるだろうから、 時々抜きに来なさい、とのこと。完治までの道のりは遠いようですが、腐っていても仕方ないので2週間ぶりに海に出てみました。

Obashigi ★今日のトピックス:オバシギ ウミネコ君たちにも2週間ぶりに会いましたが、オバシギが浜の中ほどで一生懸命砂浜を突いていました。オバシギに会えるなんて、ラッキー!

Tsutsumigai ★今日の貝:ツツミガイ 去年も一度取り上げましたが、そう簡単に拾える貝ではないので、つい2度目の掲載をさせていただきました。

Syukaku ★今日の収穫:下段の左から二番目はソテツの実でしょうか。

Kai ★拾った貝 左の大きな貝:イタボガキ、上段左からイタヤガイ、オオモモノハナ、二段目:ゲンロクソデガイ、ミミズガイ、ネコガイ、ツタノハガイ、下段:ツキガイモドキ、アズマニシキ、ナミマガシワ、チャイロキヌタにメダカラ。

膝の完治はまだ先になりそうですが、とりあえず歩けるようにはなったので、600種類を目指して、また、たくさん貝を拾って歩きたいと思います^^

祝!抜糸記念で、本体の材木座海産貝類に一挙6種類UPします!!

|

2007年10月14日 (日)

オオタカノハガイ

Sunahama 今日も四方山話で恐縮です。今日の写真ではありませんが、このように潮が引いた砂浜を歩いていると、最近ところどころで

Ana1_3 こんな具合に、穴が開いているのをよく見かけます。

Ana2 中には、こんな近くにいくつも開いているところもあったりします。この穴の犯人は・・・

Sunagani このスナガニくんだと思います。スナガニくんの巣穴は、穴から細かい砂粒を掘り出して、扇状に撒き散らしてあります。

Img_1466 こんな巣穴もあります。左のものはチゴガニ、右のものはコメツキガニかもしれません。未確認なので、足が治ったら、宿題で犯人が誰かを調べてみたいと思っています。

一度、掘ってみたことがあるのですが、かなり深くまで掘ってあり、シャベルか何かを用意しないと、難しそうで途中であきらめました。という訳で、この件は中間報告です^^

Ootakanohagai1 ところで、今日の貝はというと、このオオタカノハガイ。オオタカノハガイは、ご紹介したオハグロガキやホソスジイナミガイと同じように南に住む貝で、紀伊半島以南に棲息する貝です。

Ootakanohagai2 でもね、オオタカノハガイと思われる固体を、3つも拾っているんです。オオタカノハガイは5㎝くらいになる貝だそうですが、これらはみんな3センチ前後、大きくはなりきれなかったということでしょうか?

温暖化等で分布域が北上しいているということなのか、はたまた偶因分布か、どっちでしょう???

ところで膝のほうは、昨日、病院で診察してもらった結果、今週末に抜糸ということになりました。土曜日は出かけなくてはならないので、あまり時間が取れそうもありませんが、少しは歩けるでしょうか。楽しみです^^

|

2007年10月13日 (土)

ホソスジイナミガイ

Umineko9 海に出られない日が続きます。もうしばらく雑記帳にお付き合いをお願いします。

Tane_2 今年は、きっと黒潮の流れが近いのでしょう。材木座でも南の国からのお客様、いろいろな漂着種子を拾うことができました。

Kazikinokodomo 先日、掲載したこの魚もやっと正体が分かり、どうやら南からのお客様であるらしいことが判明しました。なんとビックリ「カジキ」の幼魚のようです。ヒレの具合からするとバショウカジキかもしれません。

Shiiranoyougyo 「えっ?鎌倉の材木座でカジキ?」と思うかも知れませんが、「シイラ」の幼魚まで漂着するんですよ^^(大きな写真がなくてすいません)。こちらは以前、ぼうずコンニャクさんのサイトで正体を教えていただきました。

考えてみれば、南の国からの種子がこれだけ流れてくるのですから、こうした魚の子どもが回遊してきていても、少しも不思議なことではありません。

Masuogai 貝でも同様で、本体の「材木座海産貝類」に「マスオガイの子ども?」として掲載しているこの貝も、マスオガイだとすると、和歌山県から北オーストラリア、インド洋に棲む南の貝です。

10月5日にご紹介したオハグロガキも紀伊半島以南の貝ですが、こんな形で南からの幼貝の漂着は結構ありそうです。でも、海水温の関係で、南からの幼貝が大人の貝になるのは、なかなか難しいようですね。

専門用語ではこれを「死滅回遊」とか「偶因分布」などというそうです。

Hososujiinamigai これも、そんな貝の一つではないかと思います。先日拾ったホソスジイナミガイ。本来は35㎜位の大きさになるようですが、この個体は19㎜ほど。大きくなりきれずに死んでしまったものでしょうか。

南の地方では、このあたりでいうアサリのような存在らしく、珍しくもなんともない貝のようです。でも材木座では、ヒメイナミガイの採取記録はありますが、ホソスジイナミガイは普通は見る事ができない貝ですね。

ホソスジイナミガイ、近々本体にもUPしたいと思います。

手術をした膝のほうは、おかげさまで順調に回復しております(今日もこれから病院へ行きます)。いろいろな方からご心配をいただき、恐縮しております。

ご心配いただいたお返しといってはなんですが、膝が治ったら、また、い~~~っぱい貝を拾っちゃいますので、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

|

2007年10月 8日 (月)

特別編・リサイクルマーク

0705192 台風15号が猛威をふるっていて、奥様の情報によると、この連休は材木座の海もうねりが入っているらしいですね(写真は今年5月のものです)。台風の被害が少なくで済むことを祈るばかりですが、

Pet 海が荒れると漂着する困ったものの代表格といったら、やはりペットボトルではないでしょうか。海岸には国内・国外を問わずたくさんのペットボトルが漂着します。

Hatsugagyunyu 中にはこんなコミカルな図柄のものもあったりします。「将軍」という商品名もすごいといえばすごいような・・・。麦芽牛乳って、どんな味がするのでしょうか?

Taiwan 今回は、そんなペットボトルにちょっと注目してみようかな、と思ったのです。これは台湾からのお客様のようですが、注目してみたいのは・・・

Taiwan_2 この部分です。そう、リサイクルマーク。

Japan_2 こちらは、いつも見慣れている国産ペットボトルのリサイクル・マークです。三角形の右回りの矢印が目になじんでいると思います。

China こちらは、お隣の中国製のペットボトルについていたリサイクル・マークと思われるもの。前述の台湾製のものと同じで、四角形で、矢印が左回りの内向きになっています。

Korea こちらは、韓国製。ハングルはまったく分かりませんが、リサイクル・マークに間違いありませんよね?日本と同じ三角形で右回りの矢印を使っていますが、デザインが微妙に違います。

070311 こうして比較してみると、改めて文化やリサイクルの仕組みなどが反映して、マークも少しずつ国によって違いがあるのかな、と思います。今度はどんな国のペットボトルのリサイクル・マークが見つかるでしょうか。(写真は今年3月のもの)

※最初にこの原稿を書いたとき、「麦芽牛乳」と書いたつもりが、あろうことか「発芽牛乳」となっていました。まっちゃんからご連絡をいただきました。まっちゃん、ありがとうございます。

それにしても、年のせいか、このところミスタッチは多いし、変換ミスは多いし・・・って、愚痴っぽいのも年のせい!?

|

2007年10月 5日 (金)

オハグロガキ

071005 今日は、夏に痛めた膝の手術をするため仕事は休みです。手術をすると、2週間強は歩き回ることができないので、病院へ行く前に歩き納めのつもりで一回りしてみました。

Topics ★今日のトピックス:先日の台風9号の後遺症対策か、砂の流出を防ぐためと思われる巨大土嚢が重機で並べられていました。砂は豆腐川の東を掘って使っていました。

Ohaguro1 ★今日の貝:オハグロガキ 貝をご存知の方なら、「えっ?」と思われるかも知れません。どの図鑑を見ても、オハグロガキの分布は紀伊半島以南となっています。ところがご覧のように、今日拾ったものは、ギザギザの周縁部といい、その部分が黒紫色にそまっていることといい、放射肋といい、オハグロガキそのものです。

Ohaguro2 実は、7月にもオハグロガキと思われるものを拾っていました。右の写真がそれで、しかも合弁です。その時は「まさか?」と思っていたのですが、3か月で2つも拾えるとなると、やはりこの辺りに棲息しているとしか思えません。そんな訳で今日の貝として取り上げてみました。

こうした貝が拾えるのも、やはり温暖化の影響があるのでしょうか?

Shukaku1 ★拾った貝その1:ヤワラカもの編 上段左:ズングリアゲマキ、右:ゲンロクソデガイ、下段左:トリガイの子ども、中:カリバガサ、右:ロウソクツノガイ

Shyukaku2 ★拾った貝その2他 上段左よりイタヤガイ左殻、ウラカガミ、ナミマガシワ、2段目マルベッコウバイ、シオヤガイ、タマキガイ、ケマンガイ、カラマツガイ、オオモモノハナ、下段スカシガイ、ナミノコ、チャイロキヌタ、メダカラ、おみやげ品、青磁片、メノウ

※前回のガンギハマグリの回で、オミヤゲ品と書いた貝は、単純にキリガイダマシだと思ったのですが、よく見たらウネナシイトカケでした^^ラッキー!!

ところで冒頭でお話したように、本日、左膝の手術をしたため2週間強、歩き回ることができそうもありません。従ってその間「採取日記」としての更新はできそうもありませんが、時々特別編はUPしたいと思います。

また、HPに掲載したい未掲載種も結構貯まってきていたので、これを良い機会に少しずつUPできればと考えています。

よろしくご理解のほど、お願いいたしますm(_ _)m

|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »