« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月22日 (日)

シボリミゾガイ

090222 ★今朝の材木座:今日は暖かくなるという予報ですが、朝はまだひんやりとしています。蜃気楼で江の島が海から少し浮かんで見えています。

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:昨日の夕方から、またカジメが増えたようで、豆腐川から西側はご覧のように滑川近くまでカジメで繋がっていました。

Bunbuku ★今日のトピックス①:ブンブク大漁 きわめて珍しい事に沢山のブンブクが打ち上げられていました。左がオオブンブク、上段8個がヒラタブンブク、下段は両方とも初物で、左がセイタカブンブク、右2個がオカメブンブクです。拾いませんでしたが、他に破損個体がいくつもありました。

Takanoha ★今日のトピックス②生貝ゴロゴロ 昨日に引き続きタカノハガイ、キサゴなどの生貝が打ち上げられていました。

Sudare_2 ヒラタブンブクと寄り添うスダレガイ、ほかにも、シオサザナミの子どもや、オオトリガイの子ども、オオモモノハナなどの生貝もゴロゴロと。

Shiborimizogai_2 ★今日の貝:シボリミゾガイ 今日の貝はすごいです。シボリミゾガイ 。めったに見つかる貝ではないのに、生貝です。もちろん初物です。昨日のタカノハガイと合わせて、ユキノアシタガイ科が2種類も増えました^^

Kai ★拾った貝:上段左から、ウラカガミ×8、ヒナガイ、ベンケイガイ、イタヤガイ、タカノハガイ合弁×3、ネコガイ、ハイガイ、サザナミマクラ合弁、二段目:スダレガイ(生貝)、ハツユキダカラのフリークと、亜成貝×3、ホシキヌタ亜成貝、キイロダカラ亜成貝、コシイノミガイ×10、シボリミゾガイ、4段目:シオサザナミ合弁×26、ナツメガイ×2、メダカラ×6、チャイロキヌタ×3、イヨスダレの子ども合弁、オキナガイ合弁×2、オオモモノハナ30(内合弁×15)。

※昨日のタカノハガイの記事の拾った貝のところでタイラギ幼貝と書いたのはカゲロウガイに訂正させていただきます。

|

2009年2月21日 (土)

タカノハガイ

090221 ★今日の材木座:スッキリと晴れています。海に出た途端にまっちゃんとrunaさんにお会いしました。まっちゃんからは素敵なハンカチをいただきました。ありがとうございました。ものすご~~く嬉しい^^

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:和賀江島寄りに大量のカジメ類が打ち上げられています。帰りには、浜の中ほどにも寄り始めていました。

Babyster ★今日のトピックス①:ベビースターラーメン 現在はおやつカンパニーという会社が製造していますが、私が下町で毎日のように駄菓子屋に通っていた頃(お小遣いに余裕があるときは、もんじゃに入れて食べたものです^^)は、松田という社名でした。このパッケージと20円という販売価格はおやつカンパニーのホームページによると、1973年から1980年までのようです。30年前のパッケージにしては状態がいいですね。

Kisewata Kuroheri ★今日のトピックス②:和賀江島よりのカジメの中には、キセワタやクロヘリアメフラシなども見られました。マナマコも見つけましたが、一番気になったのは、

Gumi 大量のグミです。いつぞやのように、大量発生して、漁師さんにご迷惑がかからなければいいのですが。

Takanohagai ★今日の貝:タカノハガイ 初物、タカノハガイです。しかも驚いた事に、合弁で3つも打ち上げられていました。ビックリ!

Kai ★拾った貝:左上から、タカノハガイ合弁×3、ミガキマルツノガイ、ナミノコ半化石、タツナミガイ×3、シオサザナミ合弁×2、ハチジョウダカラ、二段目:ハツユキダカラ、オオトリガイ、カゲロウガイ、オキナガイ×2(内合弁1)、三段目:オカモトイモ、オオモモノハナ合弁×8、オマケのヒラタブンブク×2。

と、普通ならこれで終了ですが、今日は夕方もう一度出てみました。

Wakametori 浜の中ほどにはカジメが沢山打ち上げられていて、混じっているワカメを拾う人が何人も見られました。

Hason 悲しい事に、誰が踏んだのか、ばらばらになってしまったタカノハガイも。でも、無事な合弁のタカノハガイももうひとつ見つけました。

Kai2_3 ★二度目に拾った貝:左上から、ヒナガイ、モシオガイ×2、ベンケイガイ×4、アラレガイ、ハツユキダカラ、二段目:ウラカガミ、ナミノコ半化石、ナデシコガイ、オオモモノハナ×22(内合弁×2)、三段目:タカノハガイ、シオサザナミ合弁×8

Yuhi 前にも書きましたが、このところ、オキナガイやシオサザナミが実に良く打ち上げられます。五年程前には、イヨスダレやマツヤマワスレを良く見かけたものですが、最近はあまり見なくなりました。海の底の様子が移り変わっている事を感じます。貝の様子から海を知ろうとすると、何十年単位で見ていかなくてはならないのかも知れませんね。

|

2009年2月15日 (日)

ヤスリヒザラガイ

090215 ★今日の材木座:昨日ほどではありませんが、2月にしては暖かい一日でした。上着無しでは少し肌寒いといった感じです。

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:浜の中程と和賀江島寄りが大量のカジメなどに覆い尽くされていました。和賀江島寄り の一部にご覧のように色々な生物も打ち上げられていましたが、あとは海藻が糊で貼り付けたように覆っていて、どうしようもありません。中程の打ち上げ部分では、何人もの人がワカメを探していました。

Torigai_2 Sunahitode

Tamamiru

Kumogataumiushi

Siosazanami_2

★今日のトピックス:その生物が寄っていた場所には、ご覧のようにたくさんのトリガイ(生貝)、スナヒトデ、タマミルなどが見られました。もちろん他にも、モミジガイ、ヒラモミジ、トゲモミジ、イトマキヒトデ、ヤツデヒトデ、ニホンクモヒトデなどのヒトデや、チヨノハナガイ、ウスハマグリ、シオサザナミガイなどの生貝、ハイミルなども打ち上げられていたのですが、これだけたくさんのスナヒトデ(写真は一部です)はとても珍しいと思います。また、クモガタウミウシが2つも見つかったのにはちょっとビックリです^^

Yasurihizara_2 ★今日の貝:ヤスリヒザラガイ という訳で、同じ場所で見つけたヤスリヒザラガイが今日の貝です。ヤスリヒザラガイも2つ見つけました。

Kai ★拾った貝:左上から、ウラカガミ×4、イソシジミ、ツキガイモドキ、二段目:ホウオウガイ、大きさが気にいって拾ったヤツシロガイ、ミスガイ×3、オオモモノハナ×3、下段:ベンケイガイ、オオシイノミガイ×4、タツナミガイ×3、オキナガイ合弁×2(壊れた生貝はたくさん打ち上げられていた)、オマケのヒラタブンブク×2。

|

2009年2月14日 (土)

イシダタミ

090214 ★今日の材木座:昨日の春一番はすごかったですね。材木座では今朝まで吹き荒れていました。海に出たのは風が落ち着いた昼過ぎですが、ご覧のようにまだ影響が残っています。特筆すべきは気温で、2月だというのに小田原では26度の夏日とか。材木座も半袖で十分な陽気でした。

Uchiage_2 ★今日の打ち上げゾーン:海が荒れた後なので、色々な海藻が打ち上げられていました。大量のアカモクが和賀江島よりに、そして、浜全体にオオバモク、ノコギリモクなどのホンダワラ科が点々と打ち上げられ、ウミシバをまとったものもいくつもありました。他にフクロツナギややカヤモノリも見られました。

Hijiki ★今日のトピックス① そんな海藻に混じって、早くもヒジキが打ち上げられていました。こんな春めいた陽気の中では、ヒジキも違和感がありません。

Kamenote ★今日のトピックス②:カメノテ 材木座には岩礁地帯がほとんどないので、和賀江島に小さいものが生息していることはいますが、漂着は珍しい部類に入ります。発泡スチロールに付着したものが漂着したようです。

Ishidatami ★今日の貝:イシダタミ 今日のように荒れた海では貝の漂着はあまり期待できません。そんな訳で今日は和賀江島のイシダタミの紹介です。アップにするとホントに石畳ですね^^

Kai ★拾った貝:左上から、カモジガイ、ヒラカモジ、ナミノコ(半化石)、二段目:ベンケイガイ×2、チャイロキヌタ、オオモモノハナ×2、ウラカガミ。

|

2009年2月11日 (水)

キシュウベッコウタマガイ

090211 ★今日の材木座:だんだんと昼に潮が引くようになってきて、こんなところからも季節の移ろいを感じます。でも、今日は昼間でもかなり寒かったですね。

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:貝がゴロゴロという訳にはいきませんが、チョボチョボとは打ち上げられていました。和賀江島寄りと浜の中ほどでホンの少し微小貝が見つかりました。

Kosagi1 ★今日のトピックス:コサギくんが、お昼ごはんを食べにやってきたのですが、飼い主にリードを放たれた犬2匹に追いかけられて・・・

Kosagi2 逃げていきました。確か県の条例で、犬のリードは放してはいけないことになっていたはずですが、リードを放す自分勝手な飼い主の多いこと!ホントに困りますね。飼い主の皆様、犬が好きな人ばかりではありません(私は好きですが)ので、どうかルールを守って楽しいお散歩をお願いしますm(_ _)m

Kishubekkou ★今日の貝:キシュウベッコウタマガイ 薄くて脆くて、なかなか完品が見つからない貝です。今日のもひび割れがありました。

Kai ★拾った貝:左から、テングニシ(破損個体)、ウラカガミ×2、ベンケイガイ×2、二段目:ヒメミツカドボラ、アオサギ×2、ワカミルガイ、三段目:オキナガイ、ハツユキダカラの幼貝、チャイロキヌタ×2、メダカラ、オオモモノハナ×6

Bishougai ★拾った微小貝:ナミノコガイ生貝、オオモモノハナの幼貝、カタカドマンジ、クダタマガイ、コオロギガイ、ザクロガイ、マメウラシマ、オオシイノミガイ、コシイノミガイ

|

2009年2月 8日 (日)

ツメナリミヤコドリ

090208 ★今日の材木座:すっきりと晴れました。少し霞んでいますが、富士山も顔を出したままです。この時期にしては暖かな海です。

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:雰囲気は昨日と似ていましたが、打ち上げの質は昨日のほうがずっと良かったようです。微小貝が少し拾えました。

Kosagi ★今日のトピックス①:和賀江島に向かって歩いていたら、後ろからコサギが追い越していきました。和賀江島に着くと早速お昼ご飯の物色を始めていました。

Soba ★今日のトピックス②:先日は「横断中」の旗を見つけましたが、今日見つけたのはコレ。裏側は、何も書いてないようです。一体何に使う旗なのでしょう。

Tsumenari ★今日の貝:ツメナリミヤコドリ 和賀江島近くで微小貝を探していて見つけました。ミヤコドリの仲間は貴重なので、見つけると嬉しくなります。

Kai ★拾った貝:左上から、メダカラ、チャイロキヌタ、ナデシコガイ、下段:ベンケイガイ、ワカミルガイ

Bishougai ★拾った微小貝:ゴマフヌカボラ、イキオイクリムシ(?)、ブドウガイ、サンショウガイ、カワザンショウ、オダマキ、ロウソクツノガイ、ザクロガイ、オオシイノミガイ、コシイノミガイなど。

|

2009年2月 7日 (土)

スダレガイ

090207 ★今日の材木座:10時前に海に出てみました。富士山は見えませんが、穏やかに晴れていて、風や波もほとんどありません。

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:豆腐川の東には打ち上げ帯が3層くらいでできていて、貝もいろいろ打ち上げられていました。微小貝もジックリ拾う余裕が無かったのですが、探せばまだまだ拾えたかも?

Numehada Kumohitode

★今日のトピックス①:そんな訳で、ヒトデもヌメハダヒトデや、ニホンクモヒトデなど、ちょっと面白いヒトデが打ち上げられていました。

Amakusa ★今日のトピックス②:アマクサアメフラシが打ち上げられていました。アメフラシシーズンの始まりですね^^タツナミガイもみつかりましたが、この時期のものはまだ小さく、5㎝ほどでした。

Sudaregai ★今日の貝:スダレガイ 材木座にしては、なかなかの大きさで、家でちゃんと計ったら82.9㎜ありました。スダレガイが見つかるのは、ほとんどが滑川河口近くです。

Kai ★拾った貝:左上から、イソシジミ合弁×3、タツナミガイ、スダレガイ、二段目:ニシキガイ、アズマニシキ、ウスユキミノガイ、フクレユキミノガイ、ナミノコガイ合弁、ベニイモ、オオモモノハナ×3、三段目:オトメガサ×2、ネコガイ×3、ミドリイガイ、ハナマルユキ亜成貝、クロダカラ、オキナガイ×3、四段目:ナツメガイ、チャイロキヌタ×3、メダカラ×12

Bishougai

★拾った微小貝:フデシャジク、カリバガサ、イソマイマイ、キクコザラ、セキモリ×2、オダマキ、ヤマホトトギス、コシイノミガイ、オオシイノミガイ×10(内、生貝1)

|

2009年2月 1日 (日)

ネコガイ

090201 ★今日の材木座:昨日の荒天が回復して、きれいに晴れ上がりました。少し強めの北風が吹いて、午後だというのに富士山もスッキリした顔を出しています。

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:昨日の風が運んできた枯葉が、浜の中ほどから滑川河口にかけてかなり大量に打ち上げられていました。

Oudanchu ★今日のトピックス①:その大量の枯葉に混じって「横断中」の旗が打ち上げられていました。一体どこからやってきたのか・・・。

Wakame ★今日のトピックス②:いよいよワカメ干しが始まりました。といっても、先週は諸般の事情でお休みしたので、もしかしたら先週既に干し始めていたかもしれません。

Nekogai ★今日の貝:ネコガイ 微小貝ゾーンに小さいモノがよく打ち上げられますが、大きなものを見つけると、ちょっと嬉しくなります。

Kai ★拾った貝:左上から、バカガイ(奇形)、ツツミガイ、イソシジミ合弁、二段目:タツナミガイ、オキナガイ、ハマシイノミガイ、ネコガイ×2、三段目:ネジガイ、オオシイノミガイ×5、ザクロガイ、チャイロキヌタ×2、メダカラ×2。昨日の風のおかげか、一寸面白い貝が拾えました。

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »