« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月26日 (日)

コシダカガンガラ

090726 ★今朝の材木座:このところ、ずっと南風の強い状態が続いていて、ご覧のような霧というか、層雲も、かなりの確率で発生しています。今朝は湿度もかなり高めです。

Uchiage ★今朝の打ち上げゾーン:満潮に近い時間だったので、貝はほとんどなく、南風に寄せられたアマモや青いクラゲたちが結構あったのですが、あっという間にご覧のような状態になってしまいました。

Aoumigame ★今日のトピックス:アオウミガメ いままでにアカウミガメは2回見つけているのですが、アオウミガメは初めてです。朝4時45分、間もなく重機の出勤時間なので、あわてて持ち上げて隠しました。何しろ、このウミガメを見つけたわずか5分後には重機が出勤してきて、

Juki こんな状態になってしまうので。今日は横浜まで出かけなくてはならなかったのでとりあえず隠しておきました。あとから池さん(イケ坊のフォトギャラリーをご覧ください。こちらのフォトだよりの幼鳥シリーズの愛らしさ!先日の日食の写真も公開中です)を通じて科博のⅠさんに連絡し、帰宅後解剖に立ち会わせていただきました。Ⅰさんの解説を交えての解剖はとっても勉強になりました。Ⅰさん、ありがとうございましたm(_ _)m

Kamefujitsubo_2 こちらはウミガメにくっつくカメフジツボ。三浦から小田原の海岸線には、年間約50頭のウミガメが漂着し、多くはアカウミガメで、アオウミガメはそのうちの2割強だそうです。

Koshidakagangara_2 ★今日の貝:コシダカガンガラ 一体このなまえは、何のことかと思いますね。漢字では「腰高岩殻」と書きます。この貝のゴツゴツした雰囲気が伝わってきますね。

Kai ★拾った貝:今日は貝が少なかったので、拾ったのはこのオオモモノハナ一つだけ。でも、アオウミガメのおかげで、充実した一日でしたよ~^^

|

2009年7月25日 (土)

ホソウミニナ

090725 ★今日の材木座:強めの南風が吹いています。天気予報は「戻り梅雨」といっていますが、梅雨が明けたというのにすっきりしない天気が続いています。

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:こちらは天気と違い、ご覧のようにとてもすっきりしていて、見事なくらい打ち上げがありません。それでも和賀江島近くで微小貝を少し拾うことができました。

Kokoyashi ★今日のトピックス①:ココヤシ 滑川に近づくに従い、少しずつアマモや海藻類が打ち上げられていたのですが、ココヤシが一つ打ち上げられていました。

Umineko2 Umineko1 ★今日のトピックス②:風に向かって・・・

強い南風が吹くとよく見られる光景です。ウミネコくんたちが風に向かって佇んでいました。

Hiraisogani ★今日のトピックス③:天に向かって・・・

雨乞いをするヒライソガニ・・・ではありません。威嚇しているのでしょうが、カワイイので撮っちゃいました^^

Hosouminina_2 ★今日の貝:ホソウミニナ 和賀江島の砂泥地にたくさん棲んでいるホソウミニナです。今日は潮が引いたので、たくさん顔を出してくれました。

Kai ★拾った貝:ミスガイ、ネジガイ、ヒメネジガイ、シノブガイ、クレハガイ、コシイノミガイ、ミミズガイなど。

先週、今週と和賀江島のコオロギガイを探しているのですが、先週は1匹のみ、今週はまったく見つかりませんでした。7月4日にはあれほどたくさん見つかったのに、いったいどこに消えてしまったのか・・・謎です。

|

2009年7月20日 (月)

サメジマオトメウミウシ

090720 ★今朝の材木座:いかにも夏の朝といった雰囲気です。昨日までの強い南風は止んで、うっすらと富士山が顔を出してくれました。

Uchiage ★今朝の打ち上げゾーン:最近は重機が動き出す前にできるだけ歩こうと思っています。この景色も30分後には、青いクラゲたちが付着した海藻に代わって重機の爪跡が延々と続くことになります。

Datsu ★今日のトピックス①:ダツ 海の日だけあって、いろいろな珍しいプレゼントが海から用意されていました。まずはこちら、ダツです。なかなかの大物ですね。

Dainanumihebi ★今日のトピックス②:ダイナンウミヘビ 和賀江島近くには、小振りですがダイナンウミヘビが打ち上げられていました。かなり珍しいことだと思います。

Shukaku ★今日の収穫:右下は初物、シロツブのようです。shigeさんのおっしゃる判別方法のとおり、少しいびつで、振るとコロコロと音がし、表面にうっすらと年輪のような模様があります。先日はモモタマナを2つも拾えたし、今日はシロツブを拾うことができたし、今年はなんだか期待できそうですね。

Ao1 Ao2 Ao3 さて、この後はいったん引き返して、改めて和賀江島へ。いつものように元気なアオウミウシ君たちにご挨拶をして、

Kuro こちらにも義理を欠いてはいけないと、クロシタナシウミウシ君にも挨拶をすませると、顔を出してくれたのは・・・

Samejimaotomeumiushi ★今日の貝:サメジマオトメウミウシ 初物、サメジマオトメウミウシです。ホントに小さなウミウシなので、写真があまり良くないのですが、どうかご勘弁のほどを・・・。

Kai ★拾った貝:左上から、ハツユキダカラ×3、ハナマルユキ、ミミズガイ、ミスガイ、2段目:ミドリイガイ合弁、ナミノコガイ合弁、ミガキマルツノガイ、ネコガイ、チャイロキヌタ×2、メダカラ×5、下段:オオモモノハナ×2、オオシイノミガイ×6

Houzuki そうそう、余計な話ですが、こんなにスカスカになったホウズキの実が打ち上げられていました。

Houzukiichi ホウズキといえば、パソコン修理中の7月10日、浅草寺のほうずき市に行ってきました。この日は四万六千日といい、一回お参りすると四万六千日分のご利益があるとか。不信心な私は、八代目桂文楽の「四万六千日、お暑い盛りでございます。」という「船徳」の中の台詞を思い出しながら風情を楽しんできました。

|

2009年7月19日 (日)

ムカデミノウミウシ

090719 ★今朝の材木座:2週間のご無沙汰でした。とりあえずパソコンが修理から帰ってきました。まだ、完全復旧というわけにはいかないのですが、なんとかブログが再開できるようになりました。

Uchiage ★今朝の打ち上げゾーン:昨日から南風が吹いていて、カツオノカンムリがかなり打ち上げれていました。カツオノエボシもところどころに混じっていました。

0712kai ★お休みの間の収穫などの紹介です。これは7月12日の分。左上から、手頃な大きさだったので拾ったワスレガイ合弁、非常に珍しいイタヤガイ合弁、ハツユキダカラ幼貝、ヨフバイ、ゲンロクソデガイ、カモジガイのフリーク、ワカミルガイ、オトメガサ、チャイロキヌタ、、オオシイノミ×19。タッパーの中の微小貝は、カリバガサ、ヒメルリガイ、オダマキ、ネジガイ、セキモリ、ネコガイ、コシイノミガイなど。ピンク色はエリマキトカゲです。

0718kai ★こちらは昨日、18日分です。メダカラを除いて、みんな豆腐川の河口の東側一か所で拾ったものです。すごいのはナミノコガイ合弁×7!大記録です。ほかの貝もなかなか記録的で、クレハガイ×3、オオシイノミガイは41個も拾えました。ほかには、ハマシイノミ、セキモリ×2、ブドウガイ、ネコガイ×3、コシイノミガイ。

0718okinagaregani 昨日は他に、またオキナガレガニが見つかりました。ご覧のように、漂着したビンのフタの部分にしがみついていました。漂流の様子がうかがえますね^^

Img_0126 ★今日のトピックス①片足のウミネコ 今朝はウミネコ君たちがとても多かったのですが、ふと気付くと一本足のウミネコがいました。Umineko

仲間とともに暮らしているようですが・・・一本足で厳しい自然界を渡り歩くのは大変でしょうね。

Muchimo ★今日のトピックス②ムチモ 滑川河口にムチモという海藻が打ち上げられていました。先週の12日にもフサイワヅタやヘライワヅタなど、材木座では珍しい海藻が打ち上げられていたのですが、このムチモも相当に珍しいと思います。

Mukademinoumiushi ★今日の貝:ムカデミノウミウシ 和賀江島で見つけたわけではありません。浜の中ほどに、カツオノエボシなどに交じって打ち上げられていたんです。ビックリ!

Kai ★拾った貝:ハツユキダカラ、セキモリ、コシイノミガイ、オオシイノミガイ×7

|

2009年7月 5日 (日)

テリカラマツ

090705 ★今朝の材木座:天気予報では、あまりいい天気ではなさそうだったのですが、なんとなく晴れているような感じです。昨日からモデムの故障でインターネットに接続できなかったのですが、やっと修理が終わりましたので2日分まとめて更新します。

Uchiage_4 ★今日の打ち上げゾーン:昨日よりもずっと少なく、寂しい感じです。和賀江島近くで、微小貝がほんの少し拾えました。

Seisou 今日のトピックス:重機の季節 3台の重機で、わずかの貝溜りも情け容赦なく削っていってしまいました。海岸線を重機で清掃するのは、観光資源の保護の観点からのようです。汚い海岸には、誰も遊びに来たがらないということなのでしょうが・・・。ずいぶん前ですが、談志が噺のマクラで、自然がブームになっていることについて、カブトムシはいいけど蚊はいやだという、そんな勝手な自然好きがあるか?というようなことを言っていました。あえて重機で海岸を清掃することは、なんとなくこの話に通じるものを感じます。ゴミならばともかく、海藻や貝など、自然のものまで片付ける必要はあるのでしょうかねぇ?本来は、打ち上げられた海藻などの分解も自然のシステムに組み込まれていると思うのですが・・・。とはいえ、観光で生活をしている方にとっては死活問題だし。難しいですね。

Terikaramatsu ★今日の貝:テリカラマツ 材木座ではかなり珍しい部類に入ります。見つけたのはこれで2つ目です。茶色地に白い放射模様が目印の非常に小さな貝です。

Kai_2 ★拾った貝:左上から、ウラカガミ、イソシジミ合弁、ヒナミルガイ、二段目:モシオガイ、チャイロキヌタ、メダカラ×3、下段:コシイノミ×5、ザクロガイ、テリカラマツ、オオシイノミ、ハツユキダカラ。オマケは、陶製のキャッチャー人形の欠片のようです。ミットを嵌めた左手とプロテクターが少し残っています。

Ao3 Ao4 Ao6 Ao7 Ao8

Ao1 Ao2 Ao9 Ao10

今日もまた和賀江島に行って見ましたが、アオウミウシの模様のバリエーションを見ていると面白いですね~!みんな個性を主張しているんでしょうね^^

Kuro3 Kuro1

今日はクロシタナシウミウシも、やっとまともな写真を撮ることができました。

Wagaejima_2 海の家もやっと完成して、サマーベッドも並び始めました。いよいよ夏がやってきます。でも、貝を拾うにはあまりいい季節ではないかな・・・?

|

2009年7月 4日 (土)

シチクガイ

090704 ★今朝の材木座:雲り空で風や波はありません。

Uchiage_3 ★今朝の打ち上げゾーン:満潮線にもあまり漂着物はないし、貝溜りというほどのものもなかったのですが、貝はチョコチョコと拾えました。

Umineko ★今日のトピックス:久しぶりにウミネコくんたちが遊びに来てくれました。もっとも私が気づかないだけで、今までも沖合いには遊びに来ていたのかも知れません。

Shichikugai ★今日の貝:シチクガイ 以前クチキレガイの打ち上げが減っているように感じるという話を書きましたが、このシチクガイも急速に拾いにくくなったように思います。

Kai ★拾った貝:左上から、シコロエガイ、カモジガイ、ベンケイガイ、ゲンロクソデガイ、二段目:ツタノハガイ、ネコガイ、ツクシタケ、シワホラダマシ、シチクガイ、オオシイノミ×6、コシイノミ、三段目:メダカラ×4、チャイロキヌタ×2、ワカミルガイ、ヤマホトトギス、フクレユキミノ×2、シオサザナミ合弁。

Aoumiushi2 この後、潮はそれ程引いてはいなかったのですが、和賀江島へ行ってみました。前回見つけたコオロギガイ(コベルトカニモリ)が気になっていたので・・・。

Kourogi わずか10分程度でこんなに見つかりました。殻口ができ上がっていない若い個体もいくつか混じっています。先日しおさい博物館で伺ってみたら、三浦半島の他の場所からは報告されておらず、また、石灰藻が付着している様子も非常に珍しいそうです。いったいどうやって定着したのでしょうか?謎はますます深まります。

Umihotaru というわけで興味は尽きないのですが、この後は千葉まで出かけなくてはいけなかったため打ち切りました。帰りに久しぶりに寄った「海ほたるパーキングエリア」からの写真です。携帯カメラの画像のため、あまりいい写りではありませんがご容赦のほど。

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »