« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

ワスレガイ

100429 ★今朝の材木座:昨日の荒天の名残りがまだ残っていて、晴れてはいますが、南東からの風が強く波も高めです。昼前には雨も落ちてきて、午後も雨が降りそうな天気が続いていましたが、このブログを書いている3時には回復して、晴れています。

Uchiage ★今朝の打ち上げゾーン:小石や海藻クズは結構打ち上げられていたのですが、貝はあまりありませんでした。大潮ですが、風のせいで思ったほど引いていきません。

Akategani ★今朝のトピックス①:豆腐川河口近くのアカテガニが、やっと冬眠から目を覚ましました。いつもながらアカテガニ君たちは結構シャイなので、写真を撮ろうとすると引っ込んでしまいますが、なんとか撮影成功です。

Yakko ★今日のトピックス②:ヤッコエイ 久しぶりにヤッコエイが打ち上げられていました。アカエイも2匹見つけましたが、アカエイは尻尾を切り取られていたのに、こちらは残っていました。ということはアカエイは漁師さんの網にかかり、こちらは純粋に打ち上げられたと考えることもできますね~。

Koi ★今日のトピックス③:コイ 滑川由来ではないかと思うのですが、60㎝以上もある大型のコイが2匹打ち上げられていました。やはり昨日の荒天の産物だと思われます。2匹とも、カラスがお腹を満たした跡が付いていました。

Wasuregai ★今日の№1:ワスレガイ(生貝) 久しぶりにワスレガイの生貝が打ち上げられていました。海に投げ返して上げたところ、しばらくすると大きな波に、再び打ち上げられてきました。再度投げ返すと、今度は無事に海中に帰ることができたようです。

Kai ★拾った貝:イソシジミ合弁×2、アオサギ、ベンケイガイ×2、オオモモノハナ×2(内合弁1)、メダカラ、チャイロキヌタ。

Akauni1_2 ★いったん家に引き返して、和賀江島に行ってみました。本来は大潮なのでかなり引くはずだったのですが、前述のようにかなり強い風に押し戻されて、思ったほど引きません。それでもいくつか面白い物を見つけました。こちらは和賀江島では初物のアカウニ。

Kobukanidamashi1 こちらはコブカニダマシ。カニのように見えますがヤドカリの仲間です。ヒゲが特徴的ですね。あらためて和賀江島をじっくり見てみると、去年までとは大分様子が変わっています。やはり去年の台風の影響だと思われます。これから少し注意して和賀江島を見てみようと思います。

|

2010年4月25日 (日)

アカヒトデヤドリニナ

100425 ★今朝の材木座:穏やかに晴れ上がりました。でも冷え込んでいて、手がかじかむような気温です。とはいえ春らしく空気がぼんやりしていて、富士山もうっすらと姿を見せてくれました。

Uchiage ★今朝の打ち上げゾーン:朝一はまだ潮が引き切っていなかったのですが、潮が引くに従って次第に豆腐川の東に貝溜りができ上がっていきます。細かく見てみると、微小貝も少し拾うことができました。

Chushaku2 ★今日のトピックス①:チュウシャクシギ 和賀江島近くで貝を探していたら、チュウシャクシギが飛んできました。目で追いかけると、逗子マリーナ前の岩にとまったので、マリーナ近くに移動して写真に収めました。

Umineko ★今日のトピックス②:佇むウミネコ君 チュウシャクシギの写真は、地続きとはいえ、厳密には逗子市のエリアになりそうなので、正真正銘の鎌倉市のエリアでウミネコ君に登場してもらうことにします。

Yadorinina ★今日の貝:アカヒトデヤドリニナ 掌にのせてみました。ごく小さな貝で、アカヒトデに寄生しています。

Akahitode 下の足二本に見えるコブのような場所を開くと出てくるのですが、このコブはアカヒトデヤドリニナによらずにできている場合がかなりあるようで、開いてみるとスカだったという場合がほとんどです。今回も左のコブはアタリでしたが、右のコブはスカでした。アカヒトデくん、お亡くなりになっているとはいえ、痛い思いをさせてごめんなさいm(_ _)m

Kai ★拾った貝:イソシジミ、ウラカガミ×2、タマキガイ、ベンケイガイ、ツクシタケ、シボリダカラ、オオモモノハナガイ×3、ワカミルガイ、オトメガサ、ハネガイ、ゲンロクソデガイ×2、ネコガイ、オオシイノミガイ×3、ナミノコガイ、チャイロキヌタ×2、メダカラ×2

Bishougai ★拾った微小貝:ロウソクツノガイ、シラタケ、ミカヅキイトカケギリ、ネジガイ、ナガヒメネジガイ、ミミズガイ、ザクロガイ、合弁なので拾ったヒメカノコアサリ、ホソマキギヌとアカヒトデヤドリニナ。

Hamadaikon ★先日、材木座のハマダイコンが、去年の台風でかなり手ひどい打撃を受けたと書きましたが、まだまだ残っているハマダイコンはたくさんあります。誤解を招く表現だったかな?と一人反省しています。植物の台風被害は浜の中ほどが特にひどく、ハマダイコンだけでなくツルナは壊滅に近い状態です。回復してくれることを切に祈っています。

|

2010年4月24日 (土)

ツキガイモドキ

100424 ★今日の材木座:昨日あたりまでの天気予報では、今日と明日はスッキリ晴れて暖かくなるということでしたが、今朝は雨も降り、昼近くになってもかなり冷え込んでいます。一体この天気、どうなっているのでしょう。

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:今日は若潮なので潮はあまり引かないのですが、それでも打ち上げのラインができていました。波打ち際より少し海の中に入ったあたりに、潮がさらに引きさえすれば、打ち上げラインができそうな雰囲気もあったのですが、ない物ねだりですね。

Fujinohanagai ★今日のトピックス:フジノハナガイ ちょっと頼まれごとで、フジノハナガイを採取しました。波打ち際を掘ってみて気付いたのは、材木座海岸の表面の砂の下には微小貝の堆積層があるということです。フジノハナガイやバカガイの幼貝の欠片などに混じってセキモリ、コシイノミガイ、クチキレガイなどが次々と見つかりました。もっとも大きな波が来て、せっかく掘り出した微小貝は持ち去られてしまいましたが・・・(T_T) 貝溜りの貝は、どこからやってくるのだろうと、ずっと考えていたのですが、波の加減でこの堆積層が現れた時にできるというのが出現理由のひとつかもしれません。なんでもやってみるものですね~。

Tsukigaimodoki_2 ★今日の№1:ツキガイモドキ この貝が見つかるととてもうれしい^^材木座ではかなり貴重な貝です。以前逗子海岸を歩いたところ、この貝がたくさん打ち上げられているのをみてびっくりしました。すぐ近くの海岸で環境も似ているのに、打ち上げられる貝にこんな差があるのかと思ったのですが、考えてみると、その日は逗子でのツキガイモドキの特異日だったかもしれず、一回行っただけでは断定できませんね。※海を歩いていると、潮や水温の関係なのか、なぜか特定の貝が大量にうち上がることがあるものです。私はそんな日を「特異日」と勝手に呼んでいます。

Shukaku_7 ★今日の収穫 一番左は、淡水種のイシガイのようです。彫刻がないので、湖沼産ではないかと思われます。 右下はパピリオの欠片、その左下は鳥の置物らしいのですが、首が取れて丸くなってしまったものかも知れません。

Kai_2 ★拾った貝:イソシジミ×2、ベンケイガイ×2、ウラカガミ、アオサギ×2、ツタノハガイ(56.2㎜で、材木座にしてはかなり大きい)、ツキガイモドキ、ヒナミルガイ、アズマニシキ、モシオガイ、オキナガイ×2、合弁で、付着していたヤギも付いていたので拾ってみたカキツバタ、コガモガイ、ナガスズカケボラ、ウチヤマタマツバキ、キンチャクガイ、ミタマキガイ、メダカラ×5、チャイロキヌタ×6、オオシイノミ×4、オオモモノハナ×9(内合弁3)

Bishougai ★拾った微小貝:チャイロクチキレ、オハグロシャジク、サンショウガイ、カワザンショウ、コシイノミガイ、トウガタガイ科の一種。

※当初オハグロシャジクと書いたつもりがマキモノシャジクになっていました。お詫びして訂正します。

|

2010年4月17日 (土)

タイワンシラトリ

100417 ★今日の材木座:今朝は41年振りのもっとも遅い雪が観測されたそうで、材木座でもみぞれが降りました。みぞれ交じりの雨は9時過ぎに止みましたが、北風が吹いて4月とは思えない寒さです。

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:浜中にワカメが転々と打ち上げられていたのですが、明らかに打ち上げられてから少し時間が経っていると思われるものもずいぶんあったので、昨日あたり打ち上げられていたものではないかと思います。

Kosagi Segurokamome Yurikamome ★今日のトピックス①:野鳥もろもろ このところキヅタアメリカムシクイが遊びに来てくれて、ちょっとした騒動になっていましたが、キヅタちゃんもアメリカに帰ったようで、バードウォッチヤーの姿も一段落です。コサギやセグロカモメなどの材木座の鳥たちも、文字通り「我が世の春」を謳歌していました。一番右のユリカモメは、黒い顔の夏羽に代わっていますね。雪が降ったとはいえ4月、キヅタちゃんだけでなくユリカモメたちもそろそろ北へ旅立つことでしょう。

Sodekarappa ★今日のトピックス②:ソデカラッパ たくさんのワカメに混じって、ソデカラッパの殻が打ち上げられていました。ソデカラッパはなかなか珍しいです。このほかにベニイシガニの殻も打ち上げられていました。

Taiwanshiratori ★今日の№1:タイワンシラトリ ワカメの打ち上げの様子から海が多少荒れたのだろうとは思っていたのですが、現世には棲んでいないタイワンシラトリが打ち上げられていました。海が荒れたせいで海中の地層から洗い出されたようです。この個体は今まで見つけた中で一番小さく、殻径29.9㎜でした。

Kai ★拾った貝:イソシジミ×3(内合弁×2)、ウラカガミ×3、スダレガイ、ベンケイガイ、ネコガイ、タイワンシラトリ、オオモモノハナガイ×5(内合弁×1)、ハツユキダカラ。オマケのガチャピンが楽しい^^

Beach_clean_up ★ビーチ・クリーンアップ 5月5日の子どもの日に海岸清掃が行われます。日ごろお世話になっている海に感謝を込めて、参加しようっと。

|

2010年4月11日 (日)

ヒメイトマキボラ

100411 ★今朝の材木座:曇っているのですが、富士山がうっすらと見えるのがお分かりいただけますでしょうか?なんだか不思議な空模様で、大山や伊豆大島も見えました。

Uchiage ★今朝の打ち上げゾーン:今朝も打ち上げはあまりよくありません。小石が転がっている程度で、貝はとても少なく感じました。どうもこのところ、あまり芳しくないですね。

Kamikurage ★今朝のトピックス①:カミクラゲ 昨日の夕方から少し波が高かったようで、アマモなども少し打ち上げられていました。多かったのはアカクラゲとミズクラゲで、おもに豆腐川から滑川の間に転々と打ち上げられていたのですが、中に一つだけカミクラゲが混じっていました。

Amefurashi ★今朝のトピックス②:アメフラシ 和賀江島のタイドプールに10㎝ほどの可愛いアメフラシがいました。ついあの感触が忘れられず触ってしまいました。アメフラシくん、ごめんなさいm(_ _)m

Himeitomakibora ★今日の№1:ヒメイトマキボラ 今日は貝の打ち上げが少なくて、収穫もたいしたことなかったのですが、ヒメイトマキボラを見つけました。殻頂が欠けているのが残念ですが、それでもこの貝が見つかったのは嬉しいですね^^

Kai ★拾った貝:ヒメイトマキボラ、イソシジミ×3(内合弁1)、エガイ(いつもは拾わない貝です。実は今日エガイが二つ見つかったのです。エガイは材木座ではそれほど拾える貝ではなく、一度に二つ見つかるのは珍しいということを記録するために拾ってみました)、ヒナミル。

Kizuta ★今朝の東京新聞の神奈川版に池さんとキズタちゃんのことが掲載されていました。朝、海岸で池さんに伺ったところでは、昨日はキヅタちゃんは終日姿を現さなかったそうで、今日も姿を見せなければ、アメリカに帰ったのかも知れないということです。昨日から海岸でツバメも見るようになったし、そろそろ冬鳥は帰省の季節ですね。

Us_army ★海の後は鎌倉まつりのパレードを見に行きました。毎年ブラスバンドを楽しみにしているのですが、今年は座間キャンプの軍楽隊の登場です。US ARMYの皆さんは、肺活量が違うからか、パワフルな演奏で楽しませてくれたのですが、立ち止まって演奏してくれたセントルイスブルースは最高でした。

Musha 弁慶や義経も、800年以上経って堂々と若宮大路を通って鎌倉入りして、感無量でしょうね~。

Hashigonori こちらは鳶の皆さんの見事な「はしご乗り」。パレードの最中は、天気も良くなって気温も上がったため、パレードに参加された方は大変だったでしょうね。お疲れ様でした。

|

2010年4月10日 (土)

ナガスズカケボラ

100410 ★今朝の材木座:早朝は小雨が降っていたのですが、少し時間がたってからはご覧の通りの天気です。少しひんやりとした空気が残っていましたが、お日様がでて、気温がどんどん上がったようです。

Uchiage ★今朝の打ち上げゾーン:ちょこちょこと面白い物は見つかったのですが、貝はイマイチでした。材木座の入り口正面付近には、微小貝もありそうだったのですが、急に東京まで出かけることになったためじっくり探していられませんでした。

Bunbukuchagama ★今日のトピックス①:ブンブクチャガマ 初物、ブンブクチャガマです。実は残念ながら裏側が欠けてしまっていますが、見つけたのは初めてです。ブンブクチャマガと言いそうになってしまうのは私だけ?

Pester ★今日のトピックス②:油獣ペスター ウルトラマンにでてくる油獣ペスター。正体は、ちょっと珍しいヌメハダヒトデです。右側のものはペチャンコになってしまっていますが、ヌメハダヒトデだと思います。このヒトデが一度に2匹も打ち上がるのは、かなり珍しいことですね。

Nagasuzukakebora ★今日の№1:ナガスズカケボラ 材木座ではそれほど珍しい貝ではないのですが、今日はあまり打ち上げが多くなく、貝もあまり気を引くものはなかったので、この貝を選んでみました。

Kai ★拾った貝:ウラカガミ×6、イソシジミ×5(内合弁×3)、ベンケイガイ×3、タマキガイとミタマキガイの中間位の個体、モシオガイ、ナガスズカケボラ、オオモモノハナ×5、メダカラ×2、チャイロキヌタ×1

Skytree ★今日は海を歩いた後、所用で東京へ出かけたのですが、途中吾妻橋のたもとから、建設中の東京スカイツリーが見えました。完成したら、一度登ってみたいですね。

|

2010年4月 4日 (日)

サガミミノウミウシ

100404_2 ★花寒という言葉がピッタリの朝です。風はありませんが冷え込んでいます。

Uchiage_2 ★今朝の打ち上げゾーン 貝などの打ち上げの様子は昨日とそっくりでしたが、海藻、特にワカメなどは殆ど見られませんでした。滑川河口に貝溜りができていましたが、昨日ほど面白い貝はありませんでした。

Hamadaikon_3 ★今日のトピックス①:ハマダイコン 去年の台風19号で、材木座の植物はかなりひどい被害をうけました。中でもハマダイコンは、いくつも残りませんでした。そのわずかに残っていたハマダイコンが、やっと花を咲かせました。また、以前のようなハマダイコンの花が咲き誇る春の浜辺を歩いてみたいものです。

Kuroguchi_2 ★今日のトピックス②:クログチ 同じく去年の台風19号で、唯一生息していた岩を奪われていなくなったと思っていたクログチですが、今日新らしくクログチが生息しているのを見つけました。ピンボケで恐縮です。黒っぽいのがクログチ、周りのウニャウニャしたのはヤッコカンザシです。

Wagaejima_4 ★クログチを発見した後は、やっと昼間潮が引くようになってきたので、和賀江島に行ってみました。台風19号の後、コオロギガイがどうしているのか気になっていたからです。結論からいうと、今日はコオロギガイを見つけることはできませんでした。もっとも、今日は和賀江島をじっくり見るつもりではなかったので、また改めて胴長や箱メガネなどを用意して再挑戦したいと思います。

Sagami2_2Sagami1_3 ★今日の№1:サガミミノウミウシ そんな訳で(って、どんな訳だ?)、今日の№1は、和賀江島で見つけたサガミミノウミウシです。ミノウミウシの仲間の姿態は、不思議でたまりませんね。

Shukaku_2★今日の収穫:久しぶりの統制陶器の右は、小振りなのと完品が気に入ったので拾ってみました。左下は青海波文様の白磁かな?他には蓮弁の青磁片など。

Kai_3 ★拾った貝:イソシジミ×5、スダレガイ、ハネガイ、キンチャクガイ、オオモモノハナガイ×3(内合弁1)、メダカラ×3、チャイロキヌタ×2

※午後に出かけた床屋さんで、東京新聞の朝刊を読んでいたら、真鶴町立遠藤貝類博物館の記事が掲っていました。行ってみたいのですが、少し事情ができて、しばらくは材木座を出られそうもありません。残念!

|

2010年4月 3日 (土)

シラスナガイ

100403 ★今朝の材木座:昨日の「嵐」とはうってかわって穏やかな朝です。陽気もやっと春らしい気温となり、開花した後足踏みしていた桜も満開ですね。来週あたりは桜の花びらが海岸に見られるのではないでしょうか。

Uchiage_2 ★今朝の打ち上げゾーン:まだ潮が引き切っていなかったので 、もう少しすると色々と面白いものが見られたかもしれません。それでも、滑川河口付近では、貝溜りが見られ、食指を動かされる貝をいくつか拾うことができました。

Wakame Wakame2 ★今日のトピックス①:昨日の嵐の影響でしょう、ワカメがずいぶん打ち上げられていました。とはいえ、そろそろワカメの季節も終わりを迎えますね。

Katakuchi ★今日のトピックス②:カタクチイワシ 立派な成魚です。このサイズのカタクチイワシが打ち上がるのは、比較的珍しいことです。

Shirasunagai ★今日の№1:シラスナガイ キヌザルも拾えたので、どっちを№1に選ぼうかと悩んだのですが、やはり材木座での貴重度を基準にシラスナガイを選んでみました。

Kai_2 ★拾った貝:イソシジミ×2(内合弁1)、キヌザル、アオサギ、キンチャクガイ、ベンケイガイ×3、オキアサリ、ハナマルユキ、シラスナガイ、オオモモノハナガイ×10とオマケは首の取れてしまった花婿さんに、蓮弁の青磁片など。

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »