« マンゴー上陸! | トップページ | サラサウミウシ »

2010年6月20日 (日)

アオミノウミウシまつり

100620_2 ★今朝の材木座:波は昨日ほどではありませんが、まだまだ高めです。風は強いというほどではなく、心地よい感じで吹いています。うっすらと靄がかかっていて、なんとなく江の島も幻想的に映ります。

Uchiage ★今朝の打ち上げゾーン:昨日と似た雰囲気なのですが、よく見ると、また昨日とは違っています。相変わらずカツオノエボシやカツオノカンムリが打ち上げられているのですが、今日はそれに比較的状態の良いギンカクラゲが混じっていました。和賀江島寄りには、カジメ・アラメが大量に漂着していました。

Message ★今日のトピックス①:メッセージボトル やった~!メッセージボトルを見つけました。中には「こんにちは♡私は宇佐美にすんでいます。これをひろってくれてありがとう!」と書いてありました。宇佐美というと、静岡県は伊豆の伊東市ですね。相模湾を横断してやってきてくれた貴重なボトルです^^このメッセージを書いてくれたあなた、鎌倉の材木座に届いてますよ~!

Benikaeruankou1_2 ★今日のトピックス②:ベニカエルアンコウ 昨日naoさんが紹介されていたベニカエルアンコウが、今日は材木座に打ち上げられていました。・・・って、まさかそんな訳ないですね。大きさも全然違ったし。

Kouika1 ★今日のトピックス③:今日のコウイカは、なかなか新鮮です。足もちゃんと全部付いていたし。でも、さすがに持って帰って食べるほどではなさそうでしたが・・・。

Aomino1

★今日の№1:さて、この画像は、一体何でしょう・・・?といっても、タイトルが「アオミノウミウシまつり」では想像がついてしまいますね。最初に見つけた個体はこんな状態だったのです。これは、ひょっとしてと思い、写真を撮ってから、急いでフィルムケースに海水を入れてその中へ。少し様子を見ようと思っていたら・・・

Aomino3Aomino2_2 Aomino4 Aomino5 Aomino6 Aomino7 Aomino8 Aomino9  

次々と惨状が・・・じゃなかった、打ち上げられているのが見つかりました。そうなんです。カツオノエボシやギンカクラゲを食べ、一生浮遊生活を送るというマボロシのウミウシ、アオミノウミウシです。アオミノウミウシは3年ほど前の6月20日、naoさんがやはり見つけていらっしゃいますが、かなり貴重なウミウシです。ちなみに同じように青いクラゲを食べながら浮遊生活を送るウミウシには、もうひとつヒダミノウミウシというのがいますが、これは、去年の今頃、材木座に漂着しています。

Aominomatsuri_2 Aominoumiushi_3 そんな貴重なウミウシが、1匹どころか全部で15匹も打ち上げられていたのでビックリを通り越してしまいました。この後、しおさい博物館にお届けしてきました。

Shukaku ★今日の収穫:アサガオガイとヒメルリガイも今日もたくさん打ち上げられていました。アサガオガイ×10、ヒメルリガイ×60と、なぜかキリの良い数字です。イカの甲羅はシリヤケイカ、ヒメコウイカ、シシイカです。

Kinounoshukaku ヒメルリガイの50や60の肉抜きも、どうってことはありません。「ヒメルリガイ肉抜き完了」の記事でご紹介した「イモ洗いジェット水流方式」(←もうちょっとマトモな名前を考えりゃいいのに)の手にかかれば、昨日のアサガオガイやヒメルリガイも、あっという間にご覧の通りです^^

|

« マンゴー上陸! | トップページ | サラサウミウシ »