« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

ベニガイ(欠片)!

101031 ★今朝の材木座:台風が過ぎた朝です。特に今回は奄美大島の被害が心配されましたが、大きな被害もでなかったようでホッとしましたね。夜から天気がまた崩れるということで、台風一過の青空とはいきませんでした。

Photo★今朝の打ち上げ帯:台風の影響はほとんど残っていなかったようですが、大量のカジメ・アラメが浜全体にわたって打ち上げられていました。カジメ・アラメの打ち上げ帯を見ていくと、かなりの大きさのミルがいくつも打ち上げられていました。

Photo_3 ★今日のトピックス①:浮島現象 和賀江島近くまで歩いた時、ふと海を見ると、蜃気楼の一種、浮島現象が見られました。この現象は、よく冬から早春にかけてみることができますが、この時期の浮島現象は珍しいですね。蜃気楼は「貝櫓(かいやぐら)」ともいいます。いわれは「蜃」の字。この字はハマグリを現すとか。昔、敬愛して止まない水木しげる大先生が、蜃気楼の妖怪を描いていたのを思い出します。

Photo_4 Photo_5 ★今日のトピックス②:秋深まる 綺麗に色づいたカラスウリや、カバザクラの打ち上げがいくつも見られました。つい二週間ほど前までは、天気予報でも今年の10月は例年の9月並みの暑さといっていたのですが、一気に秋が深まった感がありますね。

Photo_6 ★今日の№1:ベニガイ(欠片) 1年半以上見ていなかったベニガイですが、ようやく見ることができました。たとえ欠片でも、この薄い貝殻が打ち上がるというのは、細々とながら、棲息し続けていてくれている証拠です。先日の相模貝類研究談話会で、逗子ではまだまだ元気に打ち上がっている様子を見たところなので、材木座でもまだ生きてくれていると思うとホッとします。

Photo_7 ★今日の収穫:今朝はまだまだ多かったバカガイを始め、常連さんの貝はいろいろと打ち上げられていたのですが、結局拾った貝はベニガイの欠片とチャイロキヌタだけでした。左上はミドリイシサンゴの一種。材木座ではこんな大きなサンゴを見つけたのは初めてです。化石なのか、それとも・・・・?今度しおさい博物館で伺ってみましょう。

 

| | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

今日はお休み・・・。

Img_2 このところ仕事が忙しく、そのせいで発作も出たりしているため、しばらくの間は海は体調と相談しながらになりそうです。そんなわけで今日は休業日でした。でも、今日は第一回材木座らくご会。好きな噺家さんの一人、柳家三三さんの独演会だったので、そちらはしっかりと楽しんできました。ちいさいお子さんからお年寄りまで会場は超満員。演目は「転失気(てんしき)」と「締め込み」。やはり三三さんはいいですね~。材木座落語会が、第二回、第三回と続いてくれますように・・・。

|

2010年10月17日 (日)

キドイトカケギリ

101017 ★今朝の材木座:雲がどんよりと広がっていますが穏やかな海です。少し涼しい風がふいていて、ひんやりとした空気が漂っています。

Uchiage ★今日の打ち上げゾーン:豆腐川から和賀江島にかけて、ある程度打ち上げ帯ができていました。良く見ていくと微小貝がところどころに打ち上げられていて、なかなか面白い貝もみつかりました。

Bakagai1 Bakagai2 ★今日のトピックス①:バカガイは今日も多かった 今朝は浜の中ほどに固まって打ち上げられていました。また、滑川河口付近では、バカガイの打ち上げ帯がしっかりとできあがっていました。

Kani ★今日のトピックス②:材木座のカニの生物多様性 今日は打ち上げの状態がまあまあだったので、先週の貝に引き続き、今日1日でカニがどのくらい見つかるかに挑戦してみました。左上から、ガザミ、タイワンガザミ、ヒライソガニ、イソガニ、キンセンガニ、コイチョウガニ、モクズガニ、スベスベマンジュウガニと8種類打ち上げられているのが見つかりました。

Kidoitokakegiri_2 ★今日の№1:どれにしようかとずいぶん悩んだのですが、選んだのは、このキドイトカケギリ。この手の微小貝が見つかったのも久しぶりなので、なんだか嬉しいですね。

Kai ★拾った貝:コモンダカラ、少し磨滅していますが、多分シボリダカラ、ヒメミツカドボラ、クシケガイ、クズヤガイ、ナミノコガイ×4(内、合弁×2)、イタヤガイ、ナデシコガイ、メダカラ×12、チャイロキヌタ、オオシイノミガイ、ゲンロクソデガイ。

Bishougai ★拾った微小貝:キヌシタダミ、ハハジマノミニナ、コメツブガイ、トウキョウコウシツブ、クダタマガイ、イソマイマイ、ブドウガイ、ネコガイ、ヒメネジガイ、シノブガイ、セキモリ、ウメノハナガイ、ヨコイトカケギリ、ネコガイ、フデシャジク、ウズマキウツブシガイ、コシイノミガイ、ザクロガイ、ロウソクツノガイなど。

|

2010年10月16日 (土)

チョウセンハマグリ生貝

101016_2 ★今朝の材木座:一番潮が引く時間帯なのですが、小潮なのでそれほどでもありません。今日はまたまた病院へ行かなくてはならないため、軽く流してみました。

Photo_2 Photo_3 ★今日の打ち上げゾーン:打ち上げ帯はあることはあるのですが、例によって浜全体にバカガイが打ち上げられていて、特に滑川河口付近にはたくさん打ち上げられていました。バカガイの生貝やシオフキもところどころに混じっています。

Photo_4 ★今日のトピックス :ウミネコ君が朝ごはんを食べにやってきました。何かを咥えこんだと思ったら、どうやら二枚貝のようです。なんの貝でしょう?でも中身は入っていないように見えますね。

Photo_5 ★今日の№1:チョウセンハマグリ生貝 チョウセンハマグリは時々生貝が見つかるのですが、4つも見つかるのはちょっと珍しいように思います。

Photo_6 ★拾った貝:チョウセンハマグリ生貝×4、カガミガイ生貝、ハツユキダカラ、メダカラ×3、タマキガイ、ベンケイガイ、オオモモノハナガイ、ウスユキミノガイ。久しぶりに入れ歯も拾っちゃいました^^

病院から帰った後は、相模貝類研究談話会の例会へ。午前中は逗子海岸の散策も予定されていたのですが、私は病院があったので到着したのは午後2時過ぎ。平塚のスクミリンゴガイや逗子海岸の打ち上げの様子などの発表があったようです。

先日材木座でもついにスクミリンゴガイが打ち上げられましたが、鎌倉の田んぼにも、もしかしたらスクミリンゴガイがいるかもしれないということなので、今度機会があったら注意してみてみましょう。

|

2010年10月11日 (月)

材木座の貝の生物多様性

101011 ★今日の材木座:潮が引く昼を待って海に出てみました。すっきりと晴れ上がったのですが日差しが強く、海パン姿の男子やビキニスタイルのお嬢さんたちなども登場し、まるで夏に逆戻りしたようです。

Photo_2 ★今日の打ち上げゾーン:打ち上げ帯と呼べるほどではなかったのですが、ポツポツといった感じで 小石と共に色々な貝が打ち上げられていました。とはいえ、貝溜りなどもなく、寂しい感じは否めません。

Photo_3 ★今日のトピックス①:バカガイ 貝の打ち上げが少ないといっても、この間何度かお伝えしているように、今日もバカガイはすごかったです。これは和賀江島近くの波打ち際の写真ですが、数えきれないバカガイが波に揺られていました。

Photo_4 ★今日のトピックス②:ヒメジ その和賀江島近くで見つけたのがこちら、初物のヒメジくんです。黄色いアゴヒゲ(?)が特徴的ですね。ヒメジくんは、このアゴヒゲで味を感じることができるとか。このアゴヒゲは触覚の役割だけでなく、素晴らしい能力も兼ね備えているんですね~。

Photo_5 ★さて、今日は国連生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が名古屋で開幕したので、それに因んで、材木座で、一日にどのくらいの種類の貝を拾うことができるかに挑戦してみました。左上から順に

サザエ、カキツバタ、カコボラ、チリボタン、ホソヤツメタ、ツメタガイ、バテイラ、コシダカガンガラ、クボガイ、アカニシ、バイ、レイシガイ、クリフレイシ、ミクリナガニシ、キサゴ、ダンベイキサゴ、シマメノウフネガイ、オオヘビガイ、メダカラ、イボニシ、アシヤガマ、スガイ、コウダカアオガイ、キクノハナガイ、マツバガイ、ベッコウガサ、カニモリガイ、シワホラダマシ、ムシロガイ、マガキ、ケガキ、イワガキ、ホウシュノタマ、バカガイ、チョウセンハマグリ、シオフキ、ウチムラサキ、メオニアサリ、イシダタミ、コガモガイ、アワブネ、クズヤガイ、キクザル、サギガイ、(すいません、何だか忘れた!現物を見れば思い出すと思うのですが、海に帰してきちゃったため、この写真だけでは分からなくなっちゃいました)、オキナマツカゼ、オビクイ、ヤマトシジミ、アマオブネ、マルシラトリモドキ、カリガネエガイ、カモメガイ、ニオガイ、ナミマガシワ、シオツガイ、クシケガイ、クチベニガイ、フジノハナガイ、ヤエウメ、キヌタアゲマキ、ウマノキヌタ、カバザクラ、サクラガイ、カガミガイ、オキナガイ、ワスレガイ、ヒラフネガイ、キクスズメ、リュウキュウヒバリ、オオモモノハナ、ミゾガイ、サルボウ、サトウガイ、割れちゃったアサリ、トマヤガイ、ナミノコガイ合弁×2。

少ない少ないと思っていましたが、結構拾えるものですね。全部で76種類でした。このところ微小貝が見当たらないし、潮もそれほど引いておらず、貝溜りもできていなかったにもかかわらずこの数字なので、状態のいい日だと、かなりの種類を拾うことができそうです。

貝だけでもこれだけの種類を育んでいる材木座の海、改めて大切にしたいと思います。

|

2010年10月10日 (日)

アカヒトデヤドリニナ

101010_2 ★今朝の材木座:早朝は強い雨がしっかりと降っていたのですが、潮が引くころには、何とか上がってくれました。天気の割には穏やかな海です。

Uchiage ★のっぺりとしていて、目立つほどの漂着物はありません。滑川側には昨日以前に打ち上げられたカジメやアラメが半分埋まったように並んでいて、餌に困ったたくさんのカラスたちが一生懸命つついていました。

Photo Photo_2 ★今日のトピックス①:秋本番 全体的に漂着物は少なかったのですが、滑川河口にはキンモクセイの花びらがたくさん打ち上げられていたり、クリ、カリンなどの実が打ち寄せられていたりと、いかにも秋本番の風情でした。

Photo_3 ★今日のトピックス②:キョウチクトウ キョウチクトウ(夾竹桃)の枝が二つ打ち上げられていました。キョウチクトウは有毒植物として有名ですね。何年か前に海外で、バーベキューの串にキョウチクトウの枝を使用してしまい、7人もの人が亡くなったという事故がありましたが、キョウチクトウは比較的身近にある植物なので、子どもの頃はよく葉っぱを千切って遊んだりしていました。今考えると恐ろしい・・・。

Akahitode Akahitodeup Yadorinina ★今日の№1:アカヒトデヤドリニナ 今日は壊れてしまったものも含めていくつかアカヒトデが打ち上げられていたのですが、そのうちの1つからアカヒトデヤドリニナが見つかりました。一番左の写真でプクンと膨れた部分をアップにしたのが真ん中の写真です。ポツンと先っぽが飛び出ているのが分かるでしょうか。これをひっくり返して、裏側から取り出したのが右側の写真です。アカヒトデを見ていると結構コブを持っているものは多いのですが、なかなかアタリはありません。現在までに私が見つけたのは今日の物を入れて3つです。

Photo_4 ★今日の収穫:今日も波打ち際を中心に、バカガイはたくさんありましたが、注目している貝は見つかりませんでした。という訳で今日の収穫はアカヒトデヤドリニナと碁石が1つ。

Photo_7 帰りがけに振り返ったら、雨雲の切れ間から傘を被った富士山が顔を出していました。

|

2010年10月 9日 (土)

ナガスズカケボラ

101009_2 ★今朝の材木座:しとしとと雨が降っています。早朝は降っていなかったのですが、6時30分頃からポツポツと雨粒が落ち始めて、まもなく本降りになりました。

Photo ★今朝の打ち上げゾーン:今日もバカガイのま打ち上げが多かったです。浜全域に亘って、相当な数のバカガイが打ち上げられていました。中には時々生貝も混じっていました。バカガイ以外の貝はほとんどといっていいほどありませんでした。

Photo_2 Photo_3 ★今日のトピックス:久しぶりにアオサギくんが遊びに来てくれました。写真のアオサギはまだ子どものようですが、親かどうかは不明ですが、近くにもう1羽、成鳥が遊んでいました。

Photo_4 ★今日の№1:これ1つしか拾わなかったのですが、そんな訳で今日の№1はナガスズカケボラです。ナガスズカケボラは時々みかけるのですが、このところ見ないのがククリボラ。元気にしているのでしょうか・・・?

Photo_5 Photo_6★海を歩いた後は、「おりょうさんまつり」が開催されている京急大津まで出かけてきました。あいにくの雨でしたが、おりょうさんのお墓も拝んできました。ここにおりょうさんが眠っているのを知ったのは、もう20年以上前のことです。一度、行ってみたいと思ってはいたのですが、今年のような龍馬ブームでもないと来ないというのは我ながら無精さにあきれますね^^

|

2010年10月 2日 (土)

今日と明日お休みします。

Photo ★いきなりキノコの写真ですいません。このキノコは「ハツタケ」といいます。まずスーパー等で見かけることはないと思います。私は子どもの頃このキノコが大好きでした。ハツタケは亡父によると、樹齢15~20年程度の松林に生育しやすいそうで、私が当時住んでいた千葉県の里山には、そうした条件が整った松林がたくさんあったことから、秋になると里山を歩き回っては採ってきたものです。

ハツタケはとてもいいダシが出るので、母が作ってくれるハツタケご飯や、ハツタケを入れた汁で食べるウドンはとても美味しく、40年近くを経た現在でも、味の記憶が鮮明に残っています。

Photo_2 そんなハツタケを入手することができたので、早速ハツタケご飯にしてみました。ハツタケは前出の写真のように、痛んだところが緑青色に変化するという珍しい特性を持っているので、当時子どもだった私にも簡単に見分けがつく分かりやすいキノコでした。もちろん当時は、里山一般の事に詳しい亡父の最終チェックが入りましたが・・・。

ハツタケご飯を一口含むと懐かしい香りが口いっぱいに広がって、シャキシャキとした歯触りと共に、子どもの頃の思い出が蘇り、最高の夕食になりました。

ところで、今日は諸般の事情で病院をハシゴしたり、明日も早朝から一日出歩かなくてはならないため、海はお休みします。今月から仕事が繁忙期に入り、後半は土曜日も出勤となるのがはっきりしていて、更新回数が減ると思います。ご理解のほどお願いいたします。

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »