« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

オミナエシダカラ

101231 Fuji ★今朝の材木座:きれいに晴れ上がっています。昨夜は雨になるという予報だったのですが、この辺りはパラついた程度ですんだようで、朝になって路面がぬれているところは見当たりませんでした。

Nami Uchiage ★今朝の打ち上げ帯:カジメ類が浜全体に延々と打ち上がっていますが、低気圧の影響か、まだ少し荒れていてあまり貝は多くはありません。

Umiu1 Umiu2 Umiu3 ★今朝のトピックス①:ウミウの大群が三隊に分かれてやってきました。ものすごい数です。まず、写真左が第一分隊。由比ヶ浜沖に着水したと思ったら、後続の第二分隊が登場(写真中)。大変な数だなと思っていたら、さらに第三分隊(写真右)まで出現して合流したのでビックリです。

Kongoufugu ★今朝のトピックス②:コンゴウフグ 昨日久しぶりに打ち上げられたと書いたら、今日も打ち上げられていました。ちなみに昨日のコンゴウフグは今乾燥標本にすべくアルコールに浸かっています。

Ominaeshi ★今朝の№1:オミナエシダカラ あまり状態のいいオミナエシダカラではありませんが、まあ、今年最後のタカラガイとして№1にしてみました。

Kai ★拾った貝:イソシジミ合弁、ミドリイガイ合弁、ウラカガミ、ベンケイガイ、オミナエシダカラ、シオサザナミガイ、オオモモノハナガイ×13。オマケはひょっとしてクジラの耳骨(?^^)

今年も、面白くもない記事にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。来年も時間や体力と相談しつつ、続けていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

|

2010年12月30日 (木)

ミドリイガイ

101230  ★今朝の材木座:天気は下り坂とあって、すっきり晴れとはいきませんが、風や波もなく穏やかな朝です。富士山は見えませんでしたが、大島は見えて、左端が浮島現象のため、浮き上がっていました。

Uchiage ★今朝の打ち上げ帯:打ち上げ帯らしきものはありましたが、全体的に小石に混じってウチムラサキやバカガイ、メオニアサリなどが多く、採取対象にしているような貝はあまり見かけません。滑川河口に行くと集中して打ち寄せられていました。

Kongoufugu ★今朝のトピックス:コンゴウフグ 久しぶりのコンゴウフグです。尾びれは取れてしまっていましたが、かなり新鮮な個体です。それにしても、コンゴウフグのトゲの鋭いこと!まるで千枚通しを4つ着けているようですね。

Midoriigai_2 ★今日の№1:ミドリイガイ 特大のミドリイガイです。このところかなり見る機会が増えてきていますが、これだけ大きいのは珍しいですね。普通は3㎝ほどの貝なので、倍くらいの大きさです。よほど環境が良かったのでしょう。

Kai ★拾った貝:回復傾向が伺えるナミガイ×2、ウラカガミ×3、モシオガイ×3、オキアサリ、ミドリイガイ、ベッコウガサ、ヨメガカサ、イソシジミ×2(内、合弁1)、アズマニシキ、ナミノコガイ、タマキガイ×2、ベンケイガイ×5、オオモモノハナガイ×5(内、合弁1)、メダカラ、ウスユキミノガイ。滑川河口で青磁片がかなり拾えました。

|

2010年12月29日 (水)

ハツユキダカラ

101229 Nami ★今朝の材木座:青空がひろがって、風もなく穏やかな朝ですが、波だけは高めで、時折大きな波が打ち寄せていました。昨日の夜は星空なのに雨が降ってきたりしていましたが、今朝も低気圧の余韻が、まだ残っている感じです。

Uchiage ★今朝の打ち上げ帯:あまり貝は打ち上げられていません。和賀江島寄りには、海藻が固まって打ち上げられ、ズボズボと足がもぐってしまうほどで、滑川河口近くでは、昨日か一昨日あたりに打ち上げられたアラメ・カジメの上に砂が堆積して、覆い隠しつつありました。

Wakame ★今朝のトピックス①:初ワカメ 今シーズンの発見第一号のワカメです。大きさは10㎝ほど。今朝はご近所のNさんほか1名の方が早くもワカメ採りのサオを持って歩いていましたが、さすがにまだまだ小さくて、収穫にはもうしばらく時間を要しそうです。

Hakofugu Kawahagi Matsukasauo_2 Koshoudai_2 ★今朝のトピックス②:おさかなバンザイ 今朝はいろいろな魚が打ち上げられていました。コショウダイ、マツカサウオ、カワハギ、ハコフグ、ほかにタカノハダイなどもカラスの餌食になっていました。マツカサウオは、このところのイボショウジンガニ、トゲヨウジとつづく南方系の漂着生物シリーズ第三弾ですね。

Hatsuyukidakara ★今日の№1:ハツユキダカラ めちゃくちゃ新鮮な個体で、まだ身が詰まっていました。ハツユキダカラは材木座ではメダカラ、チャイロキヌタに続いて拾いやすいタカラガイですが、ここまで新鮮なものはなかなか拾えません。

Kai ★拾った貝:このところ落ち着きを見せていましたが、久しぶりにイソシジミの合弁が3つ、ベンケイガイ、ハツユキダカラ。

|

2010年12月26日 (日)

トゲヨウジ漂着

121226 ★今朝の材木座:昨日ほどではないものの、それでもやはり、かなり強い風が吹いて海が荒れています。今日は雲がだいぶとれて、富士山が顔を出してくれました。

Photo ★今朝の打ち上げゾーン:すいません、打ち上げ帯の写真を撮り忘れてしまいました。代わりに富士山に傘雲がかかったので、その写真を掲載します。打ち上げ帯の雰囲気は、荒れた海なので昨日にそっくりです。ほんの少し違うのは、滑川河口付近に少しだけ貝のかけらが打ち上げられていたことくらいでしょうか。

Photo_3 ★今日のトピックス①:豆腐川河口にセグロカモメが3羽遊びに来ました。セグロカモメは一匹オオカミならぬ一羽鳥として、豆腐川の東に遊びに来ることが多いのですが、今日は珍しく3羽でした。

Photo_4 ★今日のトピックス②:駅弁のお茶 プラスチック製の駅弁のお茶の容器が漂着していたのですが、不思議なのはコップまでくっついたままだということ^^ちょっと触ってみたのですが、どうなっているのかしっかりとくっついています。

Photo_5 ★今日の№1は、昨日に引き続き、貝がほとんど拾えなかったのでお休みですが、タツノオトシゴなどと一緒のヨウジウオの仲間、トゲヨウジという魚が見つかったので、そちらをご報告します。ほかのヨウジウオとは違い、タツノオトシゴ同様尾びれがないので、尾で海藻などに巻き付いているそうです。

Photo_6 Photo_7 Photo_9 左から、頭、口、お腹の写真です。全長20㎝ほど。口の形が三角形になっていますが、体そのものが三角です。お腹はなんだか、ヘビのお腹を思わせますね。本来は南のほうに住んでいる魚ですが、一昨日からの南風で吹き寄せられたものかと思われます。しおさい博物館にお嫁入りが決まったので、それまでの間、冷凍庫で眠っていてもらうことになりました。

Photo_10 ★拾った貝はメダカラとヒラカモジのみ。オノミチキサンゴが一つ拾えました。

Photo_11 ★23日に見つけたカニの写真を葉山しおさい博物館の池田館長に見ていただいたところ、やはりツノメガニということが判明しました。相模湾には幼生が海流で運ばれて着生するものの、冬の寒さに成体になることができず死んでしまうとされているそうですが、温暖化が進めば、名前の由来にもなっている目から角が飛び出した個体が発現するかもしれないとのことです。ツノメガニも、夏場ならとんでもない速さで動き回るカニのようなので、これだけ落ち着いて写真を撮らせてくれたのは、本当に珍しいことのようですね。角の発現、今後に注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

イボショウジンガニ上陸

101225 ★今朝の材木座:かなり強い風が吹いて、海は大荒れです。風が冷たく、とにかく寒い!満潮は8時くらいなのですが、海からの風で、11時近くなってもそれほど潮が引いているようには思えません。さらに、台風の時のように時折大波が襲ってきます。

Photo ★今朝の打ち上げ帯:荒れた海らしく、潮があまり引いていないので、打ち上げ帯といっても貝のものは見あたりません。一昨日にも見られたゴミが満潮線のところに残っていて、一昨日にも見た記憶のある漂着物が目につきます。

Photo_2 ★今日のトピックス①:ライトブイ漂着 相当海が荒れたようですね、ライトブイが漂着していました。どこから流れ着いたのかわかりませんが、元あった場所では困るのではないでしょうか。それにしても、これだけ大きなものを漂着させる自然の力に改めて敬服します。

Photo_3 ★今日のトピックス②:イボショウジンガニ ライトブイの近くを這っているところを発見。おそらくライトブイに乗って流れ着いたのではないかと思われます。この季節に漂流するカニが打ち上げられるのは珍しいのではないでしょうか。今日は貝はまったくの不作でしたが、おもしろいものを見つけることができてよかった^^

|

2010年12月23日 (木)

キヌザル(ツノメガニ発見?)

101223 ★今朝の材木座:昨日は東北から北では大変な天候だったようです。その名残がこちらにもあるようで若干波は高めですが、きれいに晴れ上がり、見事な富士山が顔を出してくれました。今日は山田海人さんのお手伝いをして、某中学のビーチコーミングのホスト役をさせていただくため、極力漂着物を拾わないようにして下見をしてみました。

Photo ★今朝の打ち上げ帯:海が荒れた後だけあって、かなりいろいろなゴミが打ち上げられています。オレンジ浮きなどの季節外れの外国系もいくつか目に入りました。これなら、中学生もビーチコーミングを楽しむことができそうです。

Photo_8 ★今朝のトピックス①:月と富士 浜に出た途端、見事な富士山の姿と、中空に名残のように輝く月の美しさに圧倒されました。幻想的な雰囲気が伝わるでしょうか。

Photo_9 Photo_10 ★今朝のトピックス①:野鳥天国 冬の朝は、いろいろな野鳥に出会うことができていいですね。イソヒヨドリ♀やセグロカモメのほかにも、ウが遊びに来ていました。

Photo_11 Photo_12 Photo_13 ★今日のトピックス③:あー勘違い 豆腐川河口で見つけた巣穴(一番左)。そっと手を入れて出してみると、カニくんがでてきました。滑川河口では、コメツキガニが日向ぼっこしていたし、ほかにも巣穴をいくつか見つけました。ここ数日の暖かさで春と勘違いして出てきてしまったのでしょうか。コメツキガニなんてシーズン中なら恐ろしいくらいの素早さで、簡単に写真など撮らせてくれるようなカニではないのですが、やはり寝ぼけているようで、ぼーっとしているところを写させてもらいました^^ところで巣穴から出てきた真ん中のカニ、ツノメガニではないかと思うのです。本来は奄美大島以南に住んでいるカニさんですが、東京湾や相模湾でも記録はあるとのこと。もしツノメガニなら、かなり貴重な発見だと思うのですが・・・どうでしょうか。

Photo_14 ★今日の№1:キヌザル 相模湾レッドデータでは減少という評価が下されています。かなり貴重な貝で、ごくたまに拾うことができますが、この美しい模様を見つけるとうれしくなります。

Photo_15★拾った貝:ヒナガイ、キヌザル、ナミノコガイ合弁。今日は中学生にハナを持たせて、オマケはなしです^^中学生の皆さんは、オリーブオイル瓶の完品、青い太陽浮き、ツリガネ浮きなど、いろいろと見つけて、楽しんでくれたようです。よかった、よかった^^

|

2010年12月19日 (日)

ヒオウギガイ

101219 ★今朝の材木座:今朝はなかなか寒かったです。雲が空全体を覆っているわけではなく、所々雲の切れ間があるのですが、太陽が顔を出してくれないと風がないとはいえ、やはり寒いですね。波はなく穏やかな海です。富士山は見えませんでしたが、大山は見えました。

Photo ★今朝の打ち上げ帯:打ち上げ帯は所々にできていて、バカガイの子どもを中心に幾層かで構成されており、細かい海藻クズが寄っている場所もありました。そういう場所には昨日と同じようにホトトギスガイなどが打ち上げられていました。今日もミガキボラの生貝がありました。なんだか、また元気な海になってきたような気がします。

Photo_2 ★今朝のトピックス:ユリカモメとウ 和賀江島近くに停泊している漁船のそばに、ユリカモメが団体さんで朝ご飯を食べにやってきていました。ウ(カワウなのかウミウなのかを見分けるのは素人では難しいそうなので、とりあえずウとしておきます)も二羽やってきて、しきりに素潜りをしていたところを見ると、魚が結構集まっていたようですね。

Photo_3 ★今日の№1:ヒオウギガイ あざやかなオレンジ色のヒオウギガイを拾うことができました。材木座のヒオウギガイは、私が拾った中では、オレンジ系が優先的な色のようですが、今日のものは今まで拾った中で最も鮮やかなオレンジです。

Photo_4 ★拾った貝:ウラカガミ、ヒオウギガイ、ハツユキダカラ、ハナマルユキ×3、ナミノコガイ生貝、シロアオリ、メダカラ×9、チャイロキヌタ×2、オオモモノハナガイ×2、ハボウキ(?)の子ども、久しぶりのミスガイ、ブドウガイ。

|

2010年12月18日 (土)

カモガイ

101218 ★今朝の材木座:昨日、今日と冷え込んで、バイクのサドルも白く凍りつきました。空はスッキリとはれて、今朝も鮮やかな富士山が顔を出してくれましたが、冷たい風が少し吹いて、波も若干高めです。

Photo ★今朝の打ち上げ帯:海が少し荒れた後のようで、ゴミ類も流れ着いています。その間にホトトギスガイやチョウセンハマグリの生貝などもチラホラと打ち上げられています。このところよく見かけるアコヤガイの幼貝も結構目立ちました。ほかには、先週に引き続きミガキボラの生貝なども。

Photo_2 ★今朝のトピックス①:珍しく建長寺の雲水さんたちが姿を見せました。我が家では信仰する宗教はないのですが、我が家を訪なう雲水さんには喜捨させていただいています。何年か前、大船の漫画喫茶で、寛ぐ雲水の姿を見かけましたが、これがおそらく悪名高い某宗教団体(韓国人の教祖を絶対と仰ぎ、法外な値段で壺を売りつけたりするあの宗教団体です)のニセ雲水であろうと唖然としたことがあります。建長寺の修行僧の方々の姿は、さすがにそんな不届き者とは違い、本物だけあって、姿を見ただけで厳粛な気持ちになりますね。

Photo_3★今朝のトピックス②:ユリカモメ 今朝は1羽だけ、ユリカモメが滑川河口に遊びに来ていました。時々空中でホバリングしては、水中へ急降下しエサを採っているようです。

Photo_4 ★今朝のトピックス③:ミミズガイのかたまり 非常に珍しい&面白いものを見つけました。カイメンに入り込んだミミズガイの集団です。以前に2~3個がこういう状態で固まったもの見つけたことがありますが、この大きさはすごい^^

Photo_5 ★今日の№1:カモガイ カモガイなんて珍しくもないのに・・・と思われるかもしれませんが、実は初物です。材木座には岩場らしい岩場がないので、カモガイは簡単に見つかる貝ではありません。

Photo_6 ★拾った貝:このところ見る機会が減っているヤツシロガイ、マテガイ、ミミズガイのかたまり、オオモモノハナガイ×2、オオシイノミガイ、オキアサリ、ウラカガミ、イソシジミ、メダカラ、ホシキヌタ、ミタマキ、カモガイ。印判手が二つ、青磁片は片切彫りの模様入りが拾えました。オマケのメタルスライムがちょっとうれしい^^

※明日は所用で一日東京に出かけなくてはなりません・・・海に行けるかな?

|

2010年12月12日 (日)

スダレガイ

101212 ★今朝の材木座:昨日は強い南風が一日吹いていましたが、今朝はしっかりと冷え込んで北風が吹いていました。冷え込んだおかげで、とても素晴らしい赤富士が顔を出してくれました。一昨日の仕事帰りに膝をまた痛めてしまったため、やむを得ず昨日は休養をとり病院で注射を打ってもらったところ、今日はだいぶ回復したので、軽く歩いてみました。

Photo ★今朝の打ち上げ帯:昨日はかなり強い南風が吹いていたので、その影響で海藻のほかにゴミなども打ち上がっていましたが、貝はあまり目につきませんでした。滑川の河口付近に少し打ち上がっていたものの、あとは豆腐川の東で最近は目にする機会が減ったミガキボラの身入りの個体を一つ見つけたくらいです。

Photo_3 2 Photo_10 ★今日のトピックス:季節外れの漂着物 この季節には非常に珍しく、中国製の牛乳パックが二つ打ち上がっていました。上海万博の協賛商品のようなので製造年月日を見たら、10月27日、万博終了の直前ですね。中国から材木座までは1か月くらいかかったのでしょうか・・・。コウイカやウスベニコウイカなどの甲羅もいくつも打ち上がって、季節が半年くらい戻ったような感じの漂着物です。

Photo_5 ★今日の№1:スダレガイ まだ子どもといっていい大きさのスダレガイで、滑川河口で見つけました。スダレガイやサツマアカガイはほとんどが滑川河口付近で見つかります。最近はあまり見つからなくなりましたが、イヨスダレも比較的滑川河口に近いエリアで見つかります。

Photo_6 ★拾った貝:アズマニシキとスダレガイの二つだけ。オマケは青磁片が二つとスヌーピーです。アズマニシキといえば、真鶴の遠藤貝類博物館には、相模貝類同好会作成の「貝で飾られた神輿」が展示されていますが、その屋根の部分は色鮮やかなアズマニシキでした。ちなみに、その神輿に使ったアズマニシキはしおさい博物館の池田館長が採取したものだそうです。

2_2 Photo_8 Photo_11 ★あまり富士山が見事だったので、海を歩いた後は富士山の写真を撮って来ました。左から稲村ヶ崎、江の島、葉山・森戸海岸からの富士山です。

|

2010年12月 5日 (日)

ウスユキミノガイ

101205 ★今朝の材木座:空気はひんやりとしていますが、すっきりと晴れて、いい気分の朝です。富士山も澄んだ空気に映えて、鮮やかな姿を見せてくれました。

Uchiage ★今朝の打ち上げ帯:昨日のゴミ類が満潮戦付近に残っていて、豆腐川から西には、カジメが延々と打ちあがっていました。貝は、打ち上げ帯はないものの、まばらに打ち上がっているといった感じです。以前は強風の後によく打ちあがっていたフスマガイやナミガイがひところ見られなくなったように感じていましたが、このところ少しずつ見られるようになり、今日は破損個体ですが両方とも見つかりました。

Isogiku ★今日のトピックス①:イソギク イソギクが大量のゴミに混じって打ち上げられていました。イソギクは材木座には生えていないので、どこからか流れ着いたものです。

Yachou ★今朝のトピックス②:カワウとコサギ 滑川河口の海岸橋の下で、カワウとコサギが二羽ずつ、朝ご飯を食べにきていました。滑川にカワウが遊びに来るのを私が見たのは久しぶりです。

Fusube ★今日のトピックス③:ホウガンヒルギ・・・・じゃありません! 一瞬ホウガンヒルギかと思って手に取ったら、なんとキノコだったようでホコリのような胞子がパフッと飛び出してきました。図鑑で見てみると、ホコリタケ科のノウタケの仲間か何かのようです。

Usuyukiminogai ★今日の№1:ウスユキミノガイ 以前和賀江島を探検していた時に、生貝が泳いでいるのを見つけたことがあります。一瞬だけでカメラに収めることができなかったのが残念ですが、赤い触手を出して泳ぐ姿は、それはきれいでした。

Kai ★拾った貝:ベンケイガイ、マガキガイ、ナガニシの頭、チャイロキヌタ、アズマニシキ、ウスユキミノガイ、オオモモノハナガイ×4(内、合弁1)、オピクイ。オマケの№1はグラスですね。曲がり具合が何ともいえず味わいがありますね~。

|

2010年12月 4日 (土)

サギガイ

101204 ★今朝の材木座:昨日は大荒れで、鎌倉では材木座から二階堂にかけて竜巻が席巻しました。我が家の前も、ものすごい勢いで風のかたまりが通り過ぎていきました。近所では屋根が半分飛ばされたり、外壁のモルタルが剥げ落ちて道路に散乱したりと、大変な被害を受けたところもあります。空は台風一過で、きれいな青空の中、美しい富士山が顔を出してくれましたが、海にはまだ荒れた天気の影響が残っていて、かなりうねりがあり、時々大きな波が襲ってきます。

Uchiage ★今朝の打ち上げ帯:潮目はもう少し引いてくれてもよさそうな感じなのですが、うねりのせいもあってあまり引いていません。荒れた海なので、満潮線にホンダワラ系を中心とした海藻とゴミが打ち上げられていましたが、例によって貝は目につきません。

Akamoku ★今日のトピックス①:アカモク 漁師さんがアカモク類を集めていらっしゃったので、何に使うのか伺ったところ、お正月のお飾りにするそうです。なるほど、海のお飾りは海由来のもので作るというわけですね。どんなお飾りができるのでしょう。

Yaoya ★今日のトピックス②:ここはどこ? 海藻に混じって打ち上げられていたのは、野菜の数々。ニンジンやハヤトウリ、ダイコンなどはまだまだいくつも転がっていました。ホントにここは海?

Message_bottle★今日のトピックス③:メッセージボトル なんとなく見たことのあるようなメッセージボトルが漂着していました。このビンと字には見覚えがあります。先月の13日に見つけたメーッセージボトルとまったく同じ内容で、同じ人物が海に投げ入れたものと思われます。

Message_bottle2 実は中の手紙には連絡先が書いてあったので、前回拾った時にメールしてみたのですが返事はありませんでした。単なる「いたずら」として海に投げ入れているのか、あるいは女性からの返事を期待していたのに、オヤジからのコンタクトだったため無視したのか、果たして真相は如何に?

Sagigai_2 ★今日の№1:サギガイ 結構好きな貝ではあるのですが、材木座では比較的優先種なので、普段は拾いません。でも、環境が変わってしまい、いくらでも拾えていた貝が拾えなくなってしまうことはありうることです。サギガイに限らず、いろいろな生き物が見つかる材木座であってほしいものですね。

今日は時間が1時間程度しか取れず、浜全体を歩くこともできませんでした。メッセージボトル以外の収穫はありませんでした。明日に期待!

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »