« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月21日 (土)

クリンイトカケ

1207201 1207202_2 今日は調子が良かったので、潮の引いた時間帯に海に出てみました。途中、雨がポツポツと来たりしましたが、本降りになることもなく、和賀江嶋の探検も含めて3時間ほど遊んできました。

Photo 天気がそんな調子なので海水浴客は少ないだろうからと思って、出てみたのですが、それにしてもホントに少ない。そうしたら、なんと遊泳禁止だというじゃあ~りませんか。なんでも、滑川上流でどこかの施設がボイラーの重油を流してしまい遊泳禁止だとか。水質検査の結果が出るまで遊泳禁止のままだそうです。滑川にはオイルフェンスも三重に設けられています。

Img_0486 Img_0487 かわいそうなのは海の家ですね。アトラクションをやったりして頑張っていましたが、お客さんはほとんどいなくてかわいそう。個人的にはお客がいない方が歩きやすくて助かりますが・・・。

2_2 1 打ち上げの様子はこんな感じで、結構微小貝が拾えました。カバザクラやエドザクラもチラホラ(本当にチラホラですが)見ることができたので、長期休暇の間に、少しは状況が好転してきたのかな?つといいのですが。

1_33_3 Photo_3 和賀江嶋では、相変わらず元気なヒライソガニや、触手を目いっぱい伸ばしたムラサキウニなど、相変わらず元気な生き物たちと出会えたし、

2_4 1_4 去年確認しなかったので、どうしているか心配していたコオロギガイ(コベルトカニモリ)も無事に元気でいることを確認することができました。それにしても一度は消滅したはずのこのコオロギガイたち、いったいどこからやってきたのでしょう。

Photo_4 そんな今日の№1は、こちら、クリンイトカケ。成果を見ると異論のある方もいらっしゃるでしょうが、あくまで私の個人的な好みに過ぎませんので、ご容赦ください。大きさも22.6㎜と、材木座にしてはなかなかの大きさです。

Photo_5 今日の収穫は、マツヤマワスレ、シラオガイ、オオモモノハナガイ×3、その下にかくれてしまっていて写っていなかった小さなナデシコガイ、メダカラ×8、チャイロキヌタ×4、キイロダカラ、オオシイノミガイ、コシイノミガイ×15、ナナカドケボリクチキレツブ、スソチャマンジ、チャイロフタナシシャジク、ハッカクフタナシシャジク、カイコガイダマシ、ミミズガイ、オダマキ、ネジガイ×2、ヨコイトカケギリ、シラタケ、ベニバイ、ロウソクツノガイ×2、スカシガイ、トブシジミモドキ、マメウニ(ホントに久しぶりで嬉しい)、クズヤガイ。

先日、ご紹介した祖師ヶ谷大蔵の「はく」で、先週イワガキを食べました。実は私はイワガキというのはさんざん見てはきたものの、食べたのは初めてで、女将さんのお話によると5年物くらいのもので、とてつもなく大きくてプリップリの実。縦に半分に切ってくれてあったのですが、それでも口に入りきらず、やっと半分ほどを口に含んだところ、その芳醇さと言ったらものすごく、磯の香りと濃厚なうまみに圧倒されてしまいました。おかげで昨日も食べてしまった。美味しいですね~、金沢直送のイワガキ!そして忘れちゃいけない万十貝(アラスジサラガイ)。

 

| | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »