« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

ウラシマガイ

12112511211252 1211253 ★今日の材木座:今日も海に出たのは午後からです。ほぼ満潮の時間帯から歩き始めました。11月も末だけあって風が冷たかったのですが、浜を歩いている人は結構いましたよ。

3_2 2 1 ★今日の打ち上げ帯:左側二枚は豆腐川の東から和賀江嶋にかけての写真です。今日もカバザクラはちょぼちょぼと目に入りました。拾っている人ももちろんそれなりに。

1_2 2_2 Photo ちょっと見るだけで、サンショウガイ、ミミズガイなどの微小貝やオダマキ、ネジガイ、ヒメネジガイなどが目に入ったのですが、すいません、今日も微小貝はパス。サクラガイを一つだけ見つけました。

2_3 1_4 ★今日の№1の貝はこちら、ウラシマガイ。破損個体ですが、材木座ではなかなか拾うことができない貝の一つです。「ウラシマ」という名前の由来ですが、もともとは古書にあるそうで、海に関係がある浦島太郎の連想からではないかという話もあるようです。

Photo_2 ★今日の収穫:ウラカガミ、ウラシマガイ、オオモモノハナガイ、アズマニシキ、メダカラ×4、キクノハナガイ。なんだか久しぶりにいろいろな貝を見たような気がします。やはり回復傾向にあるのでしょうか。そうだとすると嬉しいですね。

Photo_3 Photo_4 いよいよ、ツワブキの花の季節ですね。浮島現象も本番です。夕方の浮島現象は今まであまり見たことがなかったのですが、考えてみたら、夕方歩くこと自体、今まであまりしてこなかったのでした。 

|

2012年11月24日 (土)

ツメタガイ

1211241 1211242 1211243 ★今日の材木座:今朝は雨も降っていたし、体調も今一つだったので朝のお散歩はとりあえずパス。夕方、気分が良くなってきたので、海に出てみました。といっても既に4時。間もなく暗くなってしまいます。

3 2 1_3 ★今日の打ち上げ帯:豆腐川の東側と滑川河口近くには微小 貝の打ち上げ帯ができていました。じっくり見ると色々見つかるのでしょうが、間もなく暗くなるし、今日もパス。

Photo Photo_2 鎌倉もいよいよ紅葉の季節。砂浜にも赤く色づいた葉が打ち上げられるというのに、今年はどうしたことか、いまだにココヤシの皮なども打ち上がっています。黒潮の流れと南風の吹き方なのでしょうが、珍しいですね。

Photo_4 例によって親切な九谷焼。拾いませんでしたが、例の祖師ヶ谷大蔵の「はく」は金沢の料理を出すだけあって、器はほとんどが九谷焼。嬉しいことにおかみさん自ら焼いた器などで料理を出してくれることもあります。また、お酒を頼むと、ぐい飲みが選べます。おかみさんの創ったぐい飲みもあるのですが、私はお医者さんから「酒なんか飲んだら一発で死ぬよ」といわれているので残念ながら頼めません。

Photo_5 Photo_6 Photo_7 今日はボウシュウボラのほかカコボラがいくつか見られました。いつも見られる貝がそこにあるというのは、やはり安心感があります。このところ、カコボラの打ち上げもかなり少なくなったように感じていたのでなんとなくホッとします。
 カコボラといえば「京浜運河の貝」のAさんが同じフジツガイ科のシゲトウボラを京浜運河で拾われたそうです。日本近海産貝類図鑑には相模湾以南に生息していると書いてありますが、私はまだ見つけていません。生息分布も東京湾以南に改めなくてはならないかも知れませんね。

Photo_8 Photo_9 ★今日の貝:ツメタガイを選んでみました。左がツメタガイ、右がホソヤツメタ。これらも少し前までは当たり前のようにゴロゴロ転がっていたのですが、このところあまり見かけなくなってきたように感じていました。自然保護の観点からも、やはりいつもあるものは、そこにあってくれるのが一番嬉しいように思います。

Photo_10 ★今日の収穫:メダカラ、チャイロキヌタ×4。

 

|

2012年11月20日 (火)

アカニシ

1211201 1211202 1211203 ★今日の材木座:今日は諸般の事情で休みだったので、夕方、海に出てみました。出たのは午後3時半。陽が落ちるのが早くなりましたね。

3 2 1 ★今日の打ち上げ帯:朝を除けば一番潮が引く時間帯だったので、二重・三重に打ち上げ帯ができている場所もありました。和賀江嶋近くではじっくり探せば微小貝も見つかりそうでしたが、今日はパス。

2_2 1_2 浜の中ほどから滑川方向に何やら白い塩のような物体が大量に漂着していました。レジ袋に一生懸命集めていらっしゃる方に、何かと尋ねたら、なんと発砲スチロールの微小片。拾っていらっしゃったのは鎌倉の海を守る会の方で、市役所に通報していらっしゃいました。帰り際、その通報で駆け付けたと思しき市役所の職員の方とすれ違いましたが、発砲スチロールもこうなってしまうと手に負えません。

Photo 11月に入ればサクラガイのシーズンです。今日も結構カバザクラが打ち上がっていて、かなりの方が拾っていらっしゃいました。中にはご夫婦で拾っていらっしゃる方もあって、それなりに収穫をしているのを見ると、やはりサクラガイが今年は復活傾向にあるようです。でもほとんどがカバザクラで、サクラガイ・モモノハナガイは見当たりません。

Photo_2 一昨日に引き続き今日も見つけたアリソガイ。材木座の正面入り口付近で、東浜を歩いてきたというHさんにお会いしたのですが、Hさんはなんと中身入りのアリソガイを東浜で拾っていらっしゃいました。アリソガイは相模湾レッドデータでも消滅寸前の評価がつけられています。生きているアリソガイはかなり貴重ですね。

Photo_3 Photo_4 ★今日の貝に選んでみたのは、アカニシ。祖師ヶ谷大蔵の「はく」に通うようになってから、メニューにあると必ず頼んでしまうアカニシの刺身。甘みがあって、サザエを軟らかくしたような食感で、なんとも美味しいんです。「はく」は金沢家庭料理の店なので、食材は金沢直送なのですが、日本海から北海道に分布するような貝を食べることができるのが何とも魅力です。

Photo_7 メニューにバイ貝の刺身とあるのを見つけて最初に頼んでみたら、普通のバイではないバイが出てきました。貝殻を見せてもらったら、どうやらカガバイかエッチュウバイのようです。私は北方面の貝はほとんど知らないのでいい経験ができました。これからの「はく」は、治部煮が最高に美味しい季節なんですよね~ジュルジュル(ヨダレをすする音)。

Photo_8 ★今日の収穫はこちら。オミナエシダカラ、ハナマルユキ、オオトリガイの子どもと青磁片二つ。
 一昨日拾ったハマユウの種二つは庭に埋めてみました。芽が出るかなぁ。そういえばシャーロック・ホームズに「オレンジの種二つ」という作品があったっけ。全然関係ないですね。すいません、ホームズ大好きなんです。ご勘弁を。

|

2012年11月18日 (日)

アリソガイ

1311181 1311182 1311183 ★今朝の材木座:昨日の夜は、台風のような暴風雨でした。今朝の満潮時ですが、まだ昨晩の余波が残っていて、サーフ天国です。満潮時なので、貝はなおさら期待できません。

3 2 1 ★今朝の打ち上げ帯:暴風雨が南からっぽい風だったせいもあり、結構な量のゴミが浜全体にわたって漂着していました。歩いてみると、

Photo Photo_2 Photo_4 ヤシの実、ハマユウの種、コウイカなど季節を疑う漂着物が次々と見つかりました。11月もまもなく下旬というのに珍しいですね。

Photo_5 Photo_6 ハングルウキも見つかりました。ペットボトルにもハングルが書かれていたので、これも韓国からのお客様かな?と思ったら、ペットボトルの方は、「とうもろこしのひげ茶、カロリーゼロ、カフェインゼロ」と書かれていました。紛らわしい^^

1_2 2_2 3_3 そんな朝ですが、イソヒヨドリのご夫婦がお出迎えしてくれたので、とても気分よく歩くことができました。ご夫婦そろっているところを見たのは初めてです。

Photo_8 そうそう、今日の貝ですが、壊れたアリソガイを選んでみました。このところ、めっきり見る機会が減っています。江戸時代の貝の図鑑「目八譜」での漢字表記は「荒磯貝」と書いてあるそうですが、この貝が住んでいるのは砂浜。材木座でも打ち上げられるのは、ほとんどが滑川に近い方。そんなことから、「荒磯」ではなく、富山湾西部の「有磯の浜」からきているという説もあるそうです。

1_3 2_3 3_4 スナガニ君たちの巣穴は今日もたくさん見つかりました。今年は冬眠しないつもりなのでしょうか?そんなことはないと思いますが、暑かった夏が終わり、秋が無いまま冬に突入したような天気で、スナガニ君たちも動揺しているのかもしれませんね。 

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »