« モモノハナガイ(エドザクラ) | トップページ | アカニシ »

2012年11月18日 (日)

アリソガイ

1311181 1311182 1311183 ★今朝の材木座:昨日の夜は、台風のような暴風雨でした。今朝の満潮時ですが、まだ昨晩の余波が残っていて、サーフ天国です。満潮時なので、貝はなおさら期待できません。

3 2 1 ★今朝の打ち上げ帯:暴風雨が南からっぽい風だったせいもあり、結構な量のゴミが浜全体にわたって漂着していました。歩いてみると、

Photo Photo_2 Photo_4 ヤシの実、ハマユウの種、コウイカなど季節を疑う漂着物が次々と見つかりました。11月もまもなく下旬というのに珍しいですね。

Photo_5 Photo_6 ハングルウキも見つかりました。ペットボトルにもハングルが書かれていたので、これも韓国からのお客様かな?と思ったら、ペットボトルの方は、「とうもろこしのひげ茶、カロリーゼロ、カフェインゼロ」と書かれていました。紛らわしい^^

1_2 2_2 3_3 そんな朝ですが、イソヒヨドリのご夫婦がお出迎えしてくれたので、とても気分よく歩くことができました。ご夫婦そろっているところを見たのは初めてです。

Photo_8 そうそう、今日の貝ですが、壊れたアリソガイを選んでみました。このところ、めっきり見る機会が減っています。江戸時代の貝の図鑑「目八譜」での漢字表記は「荒磯貝」と書いてあるそうですが、この貝が住んでいるのは砂浜。材木座でも打ち上げられるのは、ほとんどが滑川に近い方。そんなことから、「荒磯」ではなく、富山湾西部の「有磯の浜」からきているという説もあるそうです。

1_3 2_3 3_4 スナガニ君たちの巣穴は今日もたくさん見つかりました。今年は冬眠しないつもりなのでしょうか?そんなことはないと思いますが、暑かった夏が終わり、秋が無いまま冬に突入したような天気で、スナガニ君たちも動揺しているのかもしれませんね。 

|

« モモノハナガイ(エドザクラ) | トップページ | アカニシ »