« ワスレイソシジミのこと | トップページ | 三重笠 »

2015年5月10日 (日)

ウズイチモンジ

15051011505102★今朝の材木座:春霞というんでしょうか、このところ夜、月を見てもおぼろ月夜の事が多いですね。今朝もぼんやりと霞んで、なんとなくもゃ~っとしています。マツヨイグサがきれいだったので、写真に収めてみたのですが、この一家も帰化植物。コマツヨイグサに至っては、要注意外来生物として、全国各地で実際に駆除が行われているそうです。
 でも、太宰治の「富嶽百景」の有名な一節「富士には月見草がよく似合う」、この月見草が差しているのはオオマツヨイグサという説がありますね。
 また竹久夢二の「宵待ち草の歌」(待て暮らせど来ぬ人を 宵待ち草のやるせなさ)にもうたわれ、是非はともかくとして、すっかり日本の文化に定着してしまった感があります。どうしましょ。

321★今朝の打上げ帯:浜は相変わらず褐藻、特にヒジキの打上げが目立ちます。今年最後になるかもしれないワカメを一株拾いました。滑川寄りには貝溜りも出来ていました。

PhotoPhoto_2Photo_3お魚さんもいろいろ見られましたよ~。左から、ニシンの子ども、ヒイラギ、ハマダツ。ハマダツは早くもお腹がカラスの餌に。どうしてカラスはお腹が好きなんでしょうかねぇ…。

Photo_4★今日の貝:ウズイチモンジ 久しぶりに拾ったので選んでみました。ウズイチモンジと間違えやすいのがハクシャウズ。ひっくり返して、殻口の部分が赤くなっていればハクシャウズです。ウラウズガイも似てるといえば似てるけど、周縁の結節の大きさが比較にならないので、分かりやすいですね。

Photo_5さてさて、このところ個人的に勝手に盛り上がっているワスレイソシジミ。捕食者のクロダイ(別名チヌ)が打ち上げられていました。そこでこの間の疑問を黒住先生に伺ったところ、イソシジミも日本固有種のワスレイソシジミも、輸入しているワスレイソシジミ(アケミ貝)とは種が異なるので交配はあり得ないとのことでした。チャンチャン。

Photo_6★今日の収穫:イタヤガイ、ベンケイガイ、ワスレガイ合弁、ワスレイソシジミ×4(うち合弁1)、マツヤマワスレ×3、ナデシコガイ、アズマニシキ、オオモモノハナガイ×6、ウズイチモンジ。オマケは昨日のブラタモリでもやってた青磁片が3つと小さいガラスビン1つ。























|

« ワスレイソシジミのこと | トップページ | 三重笠 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84002/59946222

この記事へのトラックバック一覧です: ウズイチモンジ:

« ワスレイソシジミのこと | トップページ | 三重笠 »